基本のキ

シャトー切り、ココット切り

フットボールのような形で面取りしてある切り方です。洋風料理の付け合わせなどに使います。縦5〜6cm位のものをシャトー切りといい、少し小さなものをココット切りといいます。

  • にんじんなど円柱のものは、縦に4〜6等分に切ったあと、皮をむきながら
  • 面をとっていき、フットボール形にします。
  • 完成!
  • じゃがいもなどの場合は、皮を付けたままくし形に切り、皮をむきながら面をとるようにして形づくります。

「シャトー切り/ココット切り」にして作るレシピ紹介

page top