レシピ検索

シシカバブ

シシカバブ

シシは焼き串、カバブは焼き肉の意味。本場はトルコ。

調理時間
約40分
エネルギー
231kcal
食塩相当量
0.9g

※エネルギー・食塩相当量は1人分の値

このレシピに関連するタグ

材料4人分

材料 分量
(a)
玉ねぎ(すりおろし) 大さじ2 30g
レモン汁 大さじ1
ギャバン15gクミン <パウダー> 小さじ1
ギャバン15gコリアンダー <パウダー> 小さじ2
ギャバン18gパプリカ <パウダー> 大さじ1
小さじ2/3
ギャバン19gホワイトペパー <パウダー> 少々
ラム肉(薄切り) 400g
玉ねぎ 中1/2個 100g
なす 1本 70g
ししとう 12本 40g
赤ピーマン 1/2個 50g
サラダ油 適量
ギャバン21gあらびきブラックペパー 少々
少々
レモン 適宜

作り方

  1. (a)の材料を混ぜ合わせペーストを作る。
  2. ラムの薄切り肉に1)のペーストを薄く塗って巻く(肉が小さい場合は、2枚重ねる)。
  3. 玉ねぎ、赤ピーマン、なすは串に刺しやすいように切る。
  4. 2)の肉、3)の野菜類、ししとうを串に適宜刺し、表面にサラダ油を塗り、250℃のオーブンで10分ほど焼く(油がおちるよう、網にのせたほうがよい)。
  5. 器にもりつけ、レモンを添える。あらびきブラックペパーと塩を混ぜたものを添えて、好みで適宜かける。*グリルで焼いてもよい(7分ほど。裏返しながら焼く。)

一口メモ

*シシカバブはラム肉を使った中近東の料理。「シシ」は焼き串を、「カバブ」は焼き肉を意味する。
*野菜は、かぼちゃ(電子レンジにかけて柔らかくしたもの)、ピーマン、トマト、ヤングコーンなどを使ってもよい。
*牛肉(肩ロース、ももなど)の薄切りを使ってもよい。

旬を味わうメニュー

10月14日 ~ 10月20日

おすすめ特集レシピ

page top