レシピ検索

カレーパウダーを使った里いもの吉野煮

カレーパウダーを使った里いもの吉野煮

くず粉でとろみをつけた吉野煮にカレー粉をプラス

調理時間
約40分
エネルギー
278kcal
食塩相当量
0.8g

※エネルギー・食塩相当量は1人分の値

このレシピに関連するタグ

材料4人分

材料 分量
里いも 12個
鶏肉(ささ身) 4本
えび 150g
ぎんなん 8個
だし汁(かつおだし) 400ml
砂糖 小さじ1/2
みりん 大さじ2
小さじ1/4
しょう油 小さじ1
カレーパウダー <顆粒> 小さじ1/2
くず粉 大さじ1
大さじ1

作り方

  1. 里いもは皮をむいて塩でもみ、ぬめりを取って、かぶるくらいの水を入れて火にかける。沸騰したら火を止め、ざるに開けて水で洗う。
  2. 鶏のささみは筋を取り、一口大のそぎ切りにする。ぎんなんは殻を取ってゆで、皮をむく。
  3. 鍋にだし汁、砂糖、みりん、塩、しょうゆ、カレーパウダーを入れて煮立たせる。
  4. (3)に(1)の里いもを入れて柔らかくなるまで煮る。(2)のささみとぎんなん、むきえびを加え、さっと煮る。
  5. くず粉大さじ1を同量の水で溶き、(4)に入れて全体にとろみをつける。

一口メモ

*くず粉は野生のくずの根からとれるでんぷん。かたくり粉よりも固まる力が強く独持の風味があります。
*奈良県の吉野地方がくずの産地であるところから、くず粉を使ってとろみをつけて煮たものを吉野煮と言います。
*本くずは岩のようにごつごつした塊になっていることがあるので、くだいてから水でよく溶いて使ってください。

夫婦で楽しむ外食風メニュー

11月22日 ~ 11月28日

おすすめ特集レシピ

page top