レシピ検索

広島の夏野菜食べつくしカレー 2022

広島の夏野菜食べつくしカレー 2022

夏野菜カレーで、地元の野菜をおいしく!

調理時間
約40分
エネルギー
652kcal
食塩相当量
2.2g

※エネルギー・食塩相当量は1皿分の値です。
※商品切り替えなどで、栄養価が変更になる場合があります。

材料6皿分

材料 分量
230g バーモントカレー 中辛 1/2箱
豚肉(ロース)(薄切り) 300g
にんにく(すりおろし)※チューブでも代用可 小さじ1/3
しょうが(すりおろし)※チューブでも代用可 小さじ1/3
玉ねぎ 中1個
カレーパートナー <炒めたまねぎペースト> 1袋
なす 2本
オクラ 6本
小松菜 1/2束
トマト 小2個
サラダ油 大さじ4
600ml
--- <十五穀ごはん> ---
3合
元気な穀物 <香ばし十五穀> 1袋(30g)
---------------
ゆで卵 3個

作り方

  1. <十五穀ごはんを炊く>米を洗って浸水させ、炊飯器で通常の水加減にし、香ばし十五穀を加え、軽くかき混ぜてから炊く。
  2. <カレーを作る>豚肉は大きめの一口大に切り、にんにく、しょうがをもみ込む。玉ねぎは縦4等分に切り、繊維を断つように1cm幅に切る。
  3. なすは縦に6~8等分に切り、長いものは半分の長さに切る。オクラはがくを取り、縦半分に切る。小松菜は5cm幅に切る。トマトは横に6等分の輪切りにする。
  4. 大きめのフライパンにサラダ油(大さじ1)を熱し、(2)の玉ねぎを入れて炒め、玉ねぎがすき通ってきたら(2)の豚肉を入れ、肉の色が変わるまで炒める。
  5. 水、炒めたまねぎペーストを加えて沸騰したらあくを取り、弱火~中火で具材が柔らかくなるまで約5分煮込む。
  6. 煮込んでいる間に別のフライパンにサラダ油(大さじ3)を熱し、(3)のなす、オクラを弱火~中火で焼き目がつき、火が通るまで焼き、取り出す。フライパンに残った油で小松菜を塩少々(分量外)を振って炒めて取り出し、トマトもさっと両面焼く。
  7. (5)のフライパンの火をいったん止め、ルウを割り入れて溶かし、再び弱火で時々かき混ぜながらとろみがつくまで約5分煮込む。
  8. 皿に(1)の十五穀ごはんを盛り、(6)のなす、オクラ、小松菜、トマトをのせて飾り、(7)のカレーをかけ、半分に切ったゆで卵をのせる。

一口メモ

*十五穀ごはんを炊く時間は調理時間に含みません。

夏野菜カレーで、野菜をおいしく!

8月8日 ~ 8月14日

おすすめ特集レシピ

page top