レシピ検索

混ぜカレー

混ぜカレー

せっかちな大阪人がどうせ口の中で一緒になるのならと、初めからカレーとライスが混ざった大阪にしかない独特なカレー

調理時間
約20分
エネルギー
709kcal
食塩相当量
3.5g

※エネルギー・食塩相当量は1皿分の値です。
※商品切り替えなどで、栄養価が変更になる場合があります。

材料4皿分

材料 分量
140g こくまろカレー <中辛> 1/2箱
牛ひき肉 200g
玉ねぎ 小1個
にんにく(みじん切り) 小さじ1
卵黄 4個
にら(みじん切り) 適量
ウスターソース 大さじ1
みりん 大さじ1
しょう油 大さじ1
砂糖 小さじ1
ガラムマサラ 小さじ1
サラダ油 大さじ1
500ml
ごはん 800g

作り方

  1. 玉ねぎ、にんにく、にらはみじん切りにする。
  2. フライパンにサラダ油を熱し、(1)の玉ねぎを中火できつね色になるまで炒め、にんにくを加えて香りがしたら牛ひき肉を炒める。
  3. 牛ひき肉に火が通ったら水、みりん、しょう油、ウスターソース、砂糖を加えて、弱火で10分煮込む。
  4. いったん火を止め、ルウを割り入れて溶かし、再び強火で時々かき混ぜながら水分を飛ばすように2~3分加熱する。
  5. ごはんを入れ、ガラムマサラを振り入れ、カレーとよくなじませるように手早く炒めながら水分を飛ばす。盛りつけ時に生卵と(1)のにらを添える。

一口メモ

<大阪市/混ぜカレー>
*せっかちな大阪人がどうせ口の中で一緒になるのならと、初めからカレーとライスが混ざった大阪にしかない独特なカレー。
*自由軒が有名で、カレーとライスが混ざった状態になっています。
*生卵を上に載せて食べることが多いです。
*玉ねぎはしっかり炒めると甘みが増しておいしくなります。
*関西ではカレーには牛肉が主流なので、牛ひき肉を使います。
*ごはんを加えてから水分を飛ばしすぎると焦げてしまい、逆に時間が経つとふやけてしまうので、汁気がなくなったくらいで火を止めるとちょうどよいです。

ハヤシも頼って!

5月23日 ~ 5月29日

おすすめ特集レシピ

page top