レシピのおすすめポイント 薬味だけでなく、料理使いにも! ねりスパイスと言えば、お刺身や豆腐などの薬味ですが、料理に使うとレシピの幅がグッと広がります。 料理の味付けや風味付けに! ねりスパイスを使うと、簡単に一品作れたり、馴染みのメニューが新しいメニューに変身します。 お料理が楽しく、家族も満足! 忙しくて時間がない方、毎日の献立に悩んでいる方に、おすすめのレシピをご用意しました。

ねりスパイスアイディアレシピ

タサン志麻さんの大容量ねりスパイスのおすすめポイント

  • 1 料理する時に残量を気にしなくて良い
  • 2 逆立ちボトルで、使いたい時にパッとすぐ使える
  • 3 出し終わりのキレがよく、量を少しずつ調節できる
  • 4 使い終わりは、キャップが汚れにくくキレイ

タサン志麻さん プロフィール

タサン志麻さん 画像

辻調理師専門学校および同グループフランス校を卒業し、ミシュランの三つ星レストランでの研修を修了。帰国後は東京の老舗フランス料理店やビストロなどで15年間働く。結婚を機に家政婦の仕事を開始すると、“予約がとれない伝説の家政婦”としてNHK「プロフェッショナル仕事の流儀」など各種メディアで注目される。著書に『志麻さんのプレミアムな作りおき』(ダイヤモンド社)『沸騰ワード10×伝説の家政婦シマさん週末まとめて作りおき!平日らくらくごはん』(宝島社)『志麻さんの何度でも食べたい極上レシピ』(マガジンハウス)など。「つくりおきマイスター養成講座」のレシピ監修・講師や、料理教室、レシピ開発など多方面で活動中。

page top