名店の味わいをご家庭で! ハウス×百名店 ハウス食品と食べログ カレー 百名店がタッグ! 3つの名店と共同開発したカレーを全国で発売!

  • 牛豚キーマカレー × 旧ヤム邸
  • 濃厚バター チキンカレー × 印度料理シタール
  • 特製ビーフカリー × アルペンジロー
箱のままレンジ調理ができます! 旧ヤム邸 牛豚キーマカレー

商品詳細はこちら

牛豚キーマカレー × 旧ヤム邸
カルダモンの存在感と肉の旨みが重厚なキーマカレー。歯ざわりのよい具材を食感に仕上げました。大阪・東京で多くのファンを獲得しているカレー料理人・植竹大介氏。あざやかにスパイスを使いこなす独特のスタイルがパウチの中に広がります。
牛豚ひき肉の旨みにカルダモンが香り、ぶなしめじやゴボウ、くわいといった食感豊かな具材が大きな存在感を示します。 旧ヤム邸 オーナー 植竹大介氏

旧ヤム邸 × 牛豚(ぎゅうとん)キーマカレー 開発秘話 目標は「食べて楽しいカレー」今までにない食味を求めて オーナー 植竹大介氏

牛豚の重厚な食感をベースに今までなかった味わいを目指した

 スパイスとハーブを多彩に用いて、独創的なキーマカレーを発表し続ける『旧ヤム邸』。ハウス食品とのコラボレーションには「牛豚(ぎゅうとん)」と呼んでいる牛と豚2種のひき肉を使用したキーマカレーを選んだ。世の中で広く親しまれるひき肉にスパイスをくっきりと香らせ、独特な食感を持つ具材をプラス。「重厚感を出しやすい牛豚をベースにしつつ、今までのレトルトカレーにはない味わいを目指しました。」とはオーナーの植竹大介さん。

旧ヤム邸 × 牛豚キーマカレー 開発秘話 写真 旧ヤム邸 × 牛豚キーマカレー 開発秘話 写真
旧ヤム邸 × 牛豚キーマカレー 開発秘話 写真 旧ヤム邸 × 牛豚キーマカレー 開発秘話 写真
カルダモンを中心に整えたスパイスの秀逸なバランス感

 スパイスの中心となるのはカルダモン。ここをクリアに感じさせるのがひとつの“山”だった。「カルダモンパウダーをたくさん入れればそれだけ香りますが、ソースのなめらかさは悪くなる。口当たりはよいままに、カルダモンをどう感じさせるか。もちろんスパイスはカルダモンだけではありません。カルダモンをアシストするスパイスもあるわけです。全体のバランスを調えるのは、まさに香水をつくるような作業でした。」と、ハウス食品 開発研究所の仲田弘樹。具材がまたユニーク。ぶなしめじ、ゴボウ、赤ピーマン、くわい、こんにゃく、そして牛豚ひき肉が、噛むうちに様々な食感を口中にもたらす。作りたてのような香りのフレッシュ感、そして食感の妙。噛んでいるのが実に楽しい。

季節の素材を活かしつつあらゆる料理をヒントに生まれる味わい

 現在、植竹さんは大阪に3店舗、東京に1店舗のカレー店を経営しており、スパイスカレーのパイオニア的存在である。キーマカレーは味のベースがしっかりと出来上がりやすく、またスパイスの乗りの良さも魅力と語る。「鶏・豚・牛はもちろん、ラムやマトン、カモやサバなど、メインとなる食材の旨みでスタイルが出しやすい。またそれらにスパイスも香らせやすいんです。」
 季節感を大事に、旬の素材をどんどん組み入れるメニューは基本日替わり。創作のヒントはジャンルを超えて和・洋・中から、貪欲に取り入れられている。

旧ヤム邸 × 牛豚キーマカレー 開発秘話 写真 旧ヤム邸 × 牛豚キーマカレー 開発秘話 写真
旧ヤム邸 × 牛豚キーマカレー 開発秘話 写真
“追いスパイス”そしてハーブをプラスでより本格的な味わいに

 ご家庭でよりおいしく味わうポイントを、植竹さんにうかがった。
 「まずは“追いカルダモン”をするのがおすすめ。パウダーをひと振りして、混ぜて食べてみてください。もしくはタイムやローズマリーを入れるのもいいですね。ドライでもいいですが、できればフレッシュなものがいいでしょう。上記のものに限らず、好みのハーブやスパイスを加えて『このカレーと何がマッチするか?』を自由に考えてみてください。」

page top