安全・安心への取り組み

気になる話題から

BSE

BSEとは?

BSEは、1986年に英国で初めて発見された牛の病気で、立ち上がれなくなるなどの症状を示します。その後、欧州各地でも発見されました。日本においても2001年に初めて発見されています。
脳がスポンジ状になることから、牛海綿状脳症と呼ばれています。
プリオンというたんぱくが異常化することが原因とされていますが、その作用機序についてはまだよく分かっていません。
1996年に、人の新変異型クロイツフェルト・ヤコブ病との関連が明らかとなりました。
日本においては、特定危険部位の除去が義務づけられています。

当社の取り組み

当社が使用している牛肉は、BSEが発生していない国、及びBSE発生に対する管理がされ、厚生労働省によって確認(特定危険部位への品質管理 等)がされた国・地域から調達しています。

page top