カレーの日本史 明治時代

文明開化の掛け声とともに、早々と日本に上陸を果たしたカレー。振り返ると、カレーが明治の日本に浸透していくスピードには驚かされるばかり。激動のカレー黎明期です。

1868年(明治元年)

イメージ:当時のできごと
明治維新

1870年(明治3年)

日本人、カレーライスに出会う。

日本最初の物理学者となる山川健次郎が米国留学への船上でライスカレーに出会いました(ただし「食う気になれず」との記録があります)。

1872年(明治5年)

カレーの作り方を紹介した本が発刊される。

カレーの作り方を紹介した料理書『西洋料理通』(仮名垣魯文)『西洋料理指南』(敬学堂主人)発刊。

ペリーの浦賀来航以来、日本の鎖国体制は事実上崩壊。横浜周辺にたくさんの欧米人が住みつき、それにともなって「洋食」も少しずつ日本人の間にも広まっていきました。
そして1872年(明治5年)に、早くも西洋料理の本が出版され、その中にはカレーの作り方が掲載されていました。その部分を抜粋してみると・・・

『西洋料理通』のカリードヴィル・オル・ファウル
冷残の子牛の肉或いは鳥の冷残肉いずれも両種の中有合物にてよろし 葱四本刻み林檎四個皮を剥き去り刻みて食匙にカリーの粉一杯シトルトスプウン匙に小麦の粉一杯 水或いは第三等の白汁いずれにても其の中へ投下煮る事四時間半 その後に柚子の露を投混て炊きたる米を皿の四辺にぐるりと円く輪になる様もるべし。

とあります。

このころ牛肉は「文明開化」の象徴となり、急速に普及。その手軽な食べ方としてカレー愛好をうながしました。

イメージ:当時のできごと
新橋・横浜間鉄道開通。

1873年(明治6年)

陸軍幼年生徒隊の食事、土曜日の昼食はライスカレー。

1876年(明治9年)

クラーク博士による札幌農学校開校(現在の北海道大学の前身)、全寮制で1日おきにライスカレー。

「Boys, be ambitious!」でおなじみの、クラーク博士が来日したのは1876年(明治9年)、その年のうちに札幌農学校は開校しました。授業はすべて英語、全寮制で食事も当初はすべて「洋食」(もっともこれはクラークが帰国した後は洋食は夕食だけ、次には3食とも和食になりましたが)、米はライスカレーのほかには使っていけない、という、今考えれば西欧万能主義の押し付けですが、当時はそのことに誰も疑問をもたない、そんな時代だったのですね。
1日おきのライスカレーはクラーク博士の発案とのことで、一説にはライスカレーの命名はクラーク博士ともいわれますが、彼の来日前の明治6年から陸軍幼年生徒隊の食事にライスカレーが登場していますから、クラーク博士ということはないですね(ライスカレーの名がいつどこで誰がということはわからないようです)。

1893年(明治26年)

『婦女雑誌』に、「即席ライスカレー」の作り方が紹介される。

「即席ライスカレー」
煎茶茶碗に一杯のバターと葱三、四本を細かに切りたるを深き鍋に入れ、強き火に懸け、葱の柔らになりたる時、煎茶茶碗に八分目程の粉を入れ、絶えず攪き廻しながら鳶色になるまで煎りつけて、煎茶茶碗に半杯のカレイ粉(西洋食糧店にあり)を入れ、かくて鰹節の煮汁(これは鰹節半本にご飯茶碗六杯の水にて前に拵へ置くべし)を少しづつ注ぎ入れながら掻き回し、醤油を適宜に加へ十分間程弱き火に懸け、味噌漉しにて漉し、其汁へ湯煮したる車鰕或は鳥肉を入れ、炊きたての御飯にかけて食すべし。

どこが即席?という気もしますが、この時代にすでにライスカレーに「即席」という発想があったのは驚きです。鰹節のだし、しょう油などをカレーに使おうというアイディアも、日本人ならではといえるでしょう。

明治30年代になるとカレーライスはチャブヤ=居酒屋を兼ねた洋食屋のメニューの定番に。チャブヤは外国人船員などを相手にできた店ですが、そこに日本人も行くようになり、洋食の中でカレーがもっとも人気でした。価格は5〜7銭。

イメージ:当時のできごと
日清戦争

1903年(明治36年)

初の国産カレー粉が登場。

当時、カレー粉といえば、もっぱら輸入品のイギリスのC&B社のもの。値段についてはわかりませんが、かなり高価な品と想像できます。そんな時代に国産初のカレー粉を作ったのが、大阪の薬種問屋「今村弥」でした。スパイスは漢方薬など東洋医学で薬品として使われるものが多いので、カレー粉の材料もそろっていたのでしょう。ちなみに、ハウス食品の前身も、薬種問屋です。
さて、今村弥のカレー粉のキャッチフレーズは「洋風どんぶりがうちでも作れまっせ!」。
カレーを洋風どんぶりと呼んでいました(そういえば今も日本そば屋さんには「カレー丼」というメニューがありますね) 。

この年、村井弦斎が、料理小説『食道楽』を報知新聞に掲載開始。その後単行本になりベストセラーとなった小説ですが、この中で印度風カレーの作り方を紹介しています。

このころ、日本郵船ヨーロッパ航路の一等船客の食堂で、カレーライスに福神漬けが添えられるようになりました。ちなみに酒悦の福神漬けの誕生は1886(明治19年)。

1904年(明治37年)

この頃、東京で「カレーうどん」が誕生。

イメージ:当時のできごと
日露戦争

1906年(明治39年)

東京・神田の「一貫堂」がお湯で溶くだけで使える(肉も入った)「カレーライスのタネ」を発売。

お湯で溶くだけですぐ食べられるという、「カレーライスのタネ」が登場!発売時の広告には「本種はカレー粉及び極上生肉等を混合乾燥し固形体となしたる故 腐敗の憂いなく製造は熟練となるコックに担任せるを以って 其味美に其香芳しく 用法は熱 湯を以てドロドロに溶き 温き御飯にかけて食べるのです。故に旅行携帯に至便スワ来客という場合珍味を供する便利あり 尚流行の蒸パンにバタの代りに着けて召しあがると至って結構です」とあります。
カレールウは日本の発明品ですが、その萌芽はすでにこの時代にあったかもしれませんね。

このころ、家庭料理に「和洋折衷」が流行り、婦人雑誌などで紹介されました。中には「カレー味のみそ汁」、「カレーにウニと海苔をかけて食べると至極結構です」(『家庭雑誌』)など珍奇なものも。

1907年(明治40年)

開業した青森駅の旅客待合所にライスカレー(15銭)登場。

1908年(明治41年)

大阪でカレー南蛮が誕生。

カレー南蛮は、東京から大阪に移って開店したおそば屋さんが初めて作ったものです。このころは、都会では「洋食」の人気に押されて、そば屋さんはさびれがちだったそうで、このおそば屋さんも心機一転大阪に向かったのではないでしょうか。しかし大阪でもなかなか商売はうまくいかず、何かいいものはないか、近ごろ流行の「洋食」を取り入れられないものかとメニューをあれこれ考え、試作した結果生まれたのがカレー南蛮だったのです。
しかもこのおそば屋さんは、その都度カレーを煮込むわけにはいかないことから、カレーソースを乾燥させ粉末にして使うという方法を考え、大阪で大当たり。その後東京にもどってこのカレーソースをおそば屋さん相手に販売しはじめました。そして大正から昭和に入ると、レシピもさまざま登場し、ごく当たり前のそば屋のメニューの一つになったのです。

明治の終わりころには、「じゃが・玉・にんじん」がカレーの定番の具材として定着。

最近でこそ、じゃがいもやにんじんが入らないカレーも多くなりましたが、ひと昔前まではカレーといえば大きく切ったじゃがいもやにんじんがゴロゴロと入っているのが当たり前でした。このスタイルは日本独自のもので、インドにもイギリスのカレーにもありません。「じゃが・玉・にんじん」がカレーの定番になったのは、明治も終わりころのことで、それまでは基本的にはイギリススタイルで、野菜は玉ねぎだけ。しかし明治のはじめから中ごろには玉ねぎはまだ一般的ではなく、もっぱら長ねぎが使われていました。

page top