カレーの日本史 昭和戦後

この時代の最大のエポックは固形ルウカレーの誕生です。簡単、便利なルウカレーは、高度成長とともに食卓に浸透。楽しい家庭の友として、確固たる地位を築き上げていきます。さらにカレーは学校給食にまで進出。カレーが国民食として発展を遂げていく黄金の時代です。

1945年(昭和20年)

イメージ:当時のできごと
第二次世界大戦終戦。

1949年(昭和24年)

「ハウスカレー」の製造再開。

戦後の混乱が一段落した昭和24年、それまでの「株式会社浦上糧食工業所」から「株式会社ハウスカレー浦上商店」に、社名変更し8年ぶりに「ハウスカレー」の製造を再開。

1950年(昭和25年)

日本初の固形カレールウ登場。

イメージ:当時のできごと
朝鮮動乱勃発。

このころまでに、カレーメーカー各社(エスビー、ベル、キンケイ、テーオー、オリエンタル、蜂、メタル、ハウスなど)の製品が出そろいました。

1951年(昭和26年)

イメージ:当時のできごと
ラジオの民放開局。それにともない、ラジオCM登場。

1952年(昭和27年)

公正取引委員会がカレー特売禁止の措置。

カレーメーカーのシェア争いが激化し温泉招待、金券サービスなどの特売合戦が激しくなったため、禁止措置がとられました。

1953年(昭和28年)

イメージ:当時のできごと
NHK、民放(NTV)のテレビ本放送開始。

このころ、ハウス食品では、ハウスカレーの歌やヒットソングを流しながら宣伝する宣伝車が、全国各地の小売店を訪問し製品を納品したり、店頭に集まった主婦や子供達に宣伝チラシ、紙製の風船などを配り喜ばれました。

1955年(昭和30年)

イメージ:当時のできごと
敗戦からの経済の立ち直りが進み、好景気。
その後高度成長の幕開け。

1956年(昭和31年)

このころ、マナスル登頂をきっかけに登山ブームが起こり、携帯食に即席カレーが人気に。

1960年(昭和35年)

「株式会社ハウスカレー浦上商店」から「ハウス食品工業株式会社」に社名変更。初の固形ルウタイプ商品「ハウス印度カレー」を発売。

イメージ:当時のできごと
安保闘争

1961年(昭和36年)

全日本カレー工業協同組合設立。

このころから、経済の高度成長が本格化します。

1963年(昭和38年)

ハウス食品、マイルドな辛さで子どももいっしょに食べられるカレー「バーモントカレー」(ルウカレー)を発売。

このころからラジオからテレビの時代へ。テレビの普及とともに大量のCM投下で急速に製品の知名度が上がりました。

1964年(昭和39年)

イメージ:当時のできごと
東海道新幹線開通。
東京オリンピック開催。

1968年(昭和43年)

ハウス食品、大人のカレー「ジャワカレー」(ルウカレー)発売。

イメージ:当時のできごと
このころベトナム戦激化。
国内では全国の大学で闘争激化。公害紛争激化。

1969年(昭和44年)

日本初のレトルトカレー登場。

1970年(昭和45年)

イメージ:当時のできごと
大阪万博

1971年(昭和46年)

ハウス食品、初のレトルトカレー「ククレカレー」発売。

1973年(昭和48年)

イメージ:当時のできごと
オイルショック

1975年(昭和50年)

ハウス食品、高価格の肉別専用ルウカレー「デリッシュカレー」発売。

1980年(昭和55年)

ハウス食品、家のマークのロゴからhの文字をデザインしたロゴマークに変更。

1982年(昭和57年)

学校給食・全国統一献立の初メニューにカレーライスが選ばれ、統一給食が出された1月22日が「カレー給食の日」に制定されました。

1983年(昭和58年)

ハウス食品、上質なおいしさを求めるニーズに応えるルウカレー「ザ・カリー」、レトルト欧風ビーフカレー「カレーマルシェ」発売。

ハウス食品、アメリカ・ロスアンゼルスのリトル東京に「カレーハウス」1号店オープン。

1986年(昭和61年)

イメージ:当時のできごと
地価高騰などのバブル景気がはじまる。

page top