ルウ&トマト缶で絶対はずさない味!絶品キーマカレーレシピ

キーマカレーのイメージ

ルウとトマト缶で作る、食べやすい中にも香りや味の奥行きを感じるカフェ風キーマカレーのレシピをご紹介します。たくさんのスパイスを使わなくてもOK。ルウとトマト缶のあわせ技で、簡単に本格的な味わいに仕上げることができます。味が決まりやすく、失敗しにくいのもうれしいポイント。子どもも食べやすい味わいのレシピなので、よりスパイス感を求める方は、大人向けのアレンジを参考にしてみてください。

キーマカレーを「カフェ風」に仕上げる3つのポイント

【ポイント1】「トマト缶」の甘みと旨みで、お店の味に近づく

【ポイント2】「香味野菜(しょうが・にんにく)」で香りに奥行きを出す

【ポイント3】「クミン」のアクセントでプロ風の仕上がりに

しょうが、にんにく、クミン、トマト缶の写真

カレー発祥の地・インドでは「ひき肉を使って作られたカレー全般」がキーマカレーと呼ばれていますが、日本では、汁気の少ないドライカレーや、最近ではスパイスカレーのような日本独自のキーマカレーも多くなっています。

お店の味を家庭で再現するには、トマト缶を使うのがコツ。トマトの水分で、入れる水の量を少なくできるので、その分、素材のうまみが凝縮されます。

しょうがやにんにくなどの香味野菜、クミンを加えることで素材の旨みが引き出され、カレー全体が香り高く仕上がるので、よりお店の味に近いカレーが楽しめます。

【キーマカレーのレシピ】ルウとトマト缶で簡単!

【材料】(6皿分)

キーマカレーの材料の写真

トッピング

  • 温泉卵…6個

【作り方】

玉ねぎ、にんじんはみじん切りにする。

フライパンにサラダ油を熱し、1の玉ねぎ、にんじんをよく炒める。玉ねぎがすき通ってきたら、ひき肉、しょうが、にんにくを加え、肉の色が変わり脂がすき通るまでよく炒める。

フライパンにしょうがとにんにくを加え、玉ねぎ、にんじん、ひき肉を炒めている様子

POINT

香味野菜(しょうが・にんにく)はカレーの香りに奥行きを出すことに加え、肉や玉ねぎの旨みを引き立てる効果も。本格的な味わいに仕上げるために欠かせない食材。

クミン、カットトマトを加えてさっと炒めたら、水を加え、沸騰したらあくを取り、弱火~中火で約5分煮込む。

POINT

トマトはさっと炒めることで甘みと旨みがアップ。
クミンを加えるとより香り高く仕上がり、お店の味にぐっと近づけます。

いったん火を止め、ルウを割り入れて溶かし、再び弱火で時々かき混ぜながら約5分煮込む。ルウを溶かすときに、具材を寄せて空いている所で溶かすと溶かしやすいです。

カレールウを溶かしている様子

POINT

いったん火を止めて鍋の中の温度を下げ、具材を寄せて水分が多いゾーンを作ることで、ルウを溶かすときにダマにならずきれいに溶かすことができます。

皿にごはんを盛り、4のカレーをかけ、上に温泉卵をのせる。

カフェ風キーマカレーには「マイルドなルウ」がおすすめ

キーマカレーをカフェ風に仕上げるには、幅広い層に好まれるマイルドなルウがおすすめ。『バーモントカレー<中辛>』を選ぶといいでしょう。バーモントカレーの安定感があるやさしい味わいを土台にして、トマト缶やクミンなどの具材をアレンジすることで、本格的なのにやさしい味、まさにカフェ風の仕上がりが実現できます。

スパイスを加えれば大人好みの辛口に

もっと刺激のありスパイスの効いたキーマカレーが好みの場合は、レッドペパーを加えたり、仕上げにガラムマサラを振ったりするとスパイシーになり、より本格的なお店のようなキーマカレーが味わえます。

「ルウで作るキーマカレー」他のレシピもチェック!

このほかにもルウを使ったキーマカレーのレシピがあるので、いろいろなキーマカレーを楽しんでみてくださいね。

フライパン調理向けの「キーマカレー専用ルウ」も!

キーマカレーを作るなら、専用のルウを使うのもおすすめです。キーマカレー専用のルウは、少ない水分でも溶かして混ぜやすく、ひき肉と玉ねぎさえあれば簡単にキーマカレーが楽しめるスパイス使いの工夫がされています。

page top