【カレーパスタ】意外なおいしさ! 残ったカレーでリメイクレシピ

カレーパスタの写真

残ったカレーで作る、カレーパスタのレシピをご紹介。手順が少なく簡単なので、食べたい時にすぐ作れます。また、「麺と絡まない」「ひと味足りない」といった問題を解決するコツも公開。カレーライスとは違った楽しみ方で、初めてでもおいしく、満足度の高いカレーパスタが完成します!

目次

  1. 【ポイント】カレーパスタを成功させるコツ3つ
  2. ①太めの麺を使う
  3. ②残ったカレーは温め、ゆるめておく
  4. ③塩味・旨みをしっかりつける

【レシピ】残ったカレーで作る、カレーパスタ

残ったカレーにミニトマトを加えるだけで簡単に味変ができ、パスタに合う味わいに。また、マッシュルームで新たな食感をプラスすれば、いつものカレーが新鮮なひと皿に変身します。

※カレーを作り置きする場合は、鍋のままではなく、底の浅い容器に小分けし、あら熱を取り、冷蔵庫または冷凍庫で保存してください。

カレーパスタの写真

【材料】2皿分

  • スパゲッティ(乾)…200g
  • 残ったカレー…400g
  • マッシュルーム(生)…4個
  • ミニトマト…6個
  • バター…15g ※オリーブ油でも可。
  • 粉チーズ…大さじ1

【作り方】

マッシュルームは薄切りにし、ミニトマトは4等分に切る。
※具材を追加する時は、きのこやトマトのように旨みが強く、パスタとの相性がいい食材がおすすめ。

鍋に塩を加えた湯(分量外)を沸かし、スパゲッティを入れ、既定時間通りにゆでる。

フライパンにバターを熱し、1を加え、マッシュルームがしんなりするまで炒める。
※バターで炒めて、食材の旨みと香りを引き立たせる。

残ったカレーは具材を軽くつぶし、スパゲッティのゆで汁50ml程度と共に3に加え、溶きのばしながら温まるまで加熱する。

スパゲッティを皿に盛り、4のカレーソースをかけ、仕上げに粉チーズを振る。

【ポイント】カレーパスタを成功させるコツ3つ

①太めの麺を使う

パスタの麺をゆでているイメージ写真

残ったカレーをリメイクしたソースは濃厚なので、ソースと絡みやすくするには、太めの麺がおすすめです。

②残ったカレーは温め、ゆるめておく

カレーを温めて、ゆるめているイメージ写真

残ったカレーは、煮詰まったり冷えたりして固くなっていることも。その場合は、フライパンに残ったカレーを入れて具材を軽くつぶし火にかけ、焦げないように麺のゆで汁を少しずつ加えながら溶きのばします。カレーは温めるとゆるくなるので、麺のゆで汁は一度にたくさん加えないように。香りが飛んでいるなら、ガラムマサラを少量加えるといいでしょう。

③塩味・旨みをしっかりつける

カレーソースに塩味をつけているイメージ写真

カレーソースは、麺に負けないよう、通常のカレーより塩味や旨みをしっかりめにつけるとおいしく仕上がります。トマトなど旨みの強い食材を加え、味見をしてひと味足りなければ塩・コショーで調味を。麺をゆでる際に使う塩を多めにし、麺に下味をつけておくのも手です。

それでも食べた時に「あと少し足りないな」と思うようなら、ブラックペパーでアクセントをつけてみてください。粉チーズを振り、コクと旨みを足すのもいいでしょう。

カレーリメイクの新定番になりそうなカレーパスタ。残ったカレーに加える食材や調味料を工夫して、自分好みのアレンジをお楽しみください。

※掲載情報は、2022年6月時点のものです。

page top