トップへもどる

パッケージには、私たちの思いがつまっています
パッケージには、私たちの思いがつまっています。くわしくはこちら

パッケージの種類

  • 紙箱(カートン)
  • ルウトレイ
  • レトルトパウチ
  • プラスチックチューブ
  • 飲料缶
  • ガラスびん
  • ピローぶくろ

ガラスびん

乾燥スパイスなどでおなじみのガラスびん。中身の容量がわかるだけでなく、
他にもガラスを採用している理由があるんです。

ガラスびんとキャップ

撮影当時のパッケージです。
現在販売している商品とパッケージが異なる場合があります。

  • 正面には品名を印刷したラベルを貼ってるよ。
  • びんのサイズは、にぎりやすさと容量から決めているよ。
  • ガラスびんには、中身がしけるのを防ぐ役割もあるんだよ。
  • ガラスびんは、90%以上ものリサイクル材料から作られるんだ。といっても、もとのガラスを細かく砕いて1500℃もの熱でとかしてから、このかたちにしているんだよ。
  • 上から見てもわかるように、品名を印字してるんだね。
  • カバーを開けやすいよう、つかめる部分をつくっているよ。
  • 片手でキャップを空けて、中身をふり出すことができるキャップになっているね。
  • このキャップのでっぱりが、ふり出し穴をふさいで、中身がもれない仕組みになっているんだよ。
  • ふたが閉まったなとはっきりわかるよう、閉めた時の音と感触を大切にしているんだ。

ガラスびん天面(開封前にキャップをはずしたとき)・側面

撮影当時のパッケージです。
現在販売している商品とパッケージが異なる場合があります。

  • 中ふたのシールで、開ける前の品質をまもっているんだね
  • 残りの量が外からわかるよう、すき間をあけてラベルを貼っているんだ。

まめ知識

店頭でのいたずらを防止している工夫があるんだよ。

「シュリンク」とよばれる、容器全体をおおっているカバーで、いたずらを防止しているんだ。

  • 紙箱(カートン)
  • ルウトレイ
  • レトルトパウチ
  • プラスチックチューブ
  • 飲料缶
  • ガラス瓶
  • ピローぶくろ

「パッケージの種類」トップにもどる

page top