ハウス「食と農と環境の体験教室・名古屋」開催レポート 2017

第1回  2017年5月28日(日) 晴天    参加人数: 11家族35名

11家族をお迎えする2017年の第1回目は、晴天に恵まれ、さわやかな天候の中でのスタートとなりました。開会の挨拶後、NPO法人日進野菜塾様のご指導のもと、色鮮やかな花を使った「押し花の名札作り」をしてから、参加されたご家族ごとに自己紹介。続いてジャガイモ、タマネギ、ニンジンの「野菜カット」と「ニンジンの種まき」を体験。次に今年から新たに企画したお洒落な「ポタジェ・ガーデン※」の散策。昼食はカットした野菜が入った特製カレー。お腹がいっぱいになった午後は、田んぼの役割についてお話を聞いたあと、「田植え」をスタート。最後までみんなでがんばって植えました。田植えの後の「おやつ」は6種類のフルーチェ。一度にいろんな味を楽しめて大満足の後は、今日の振り返り絵日記と記念撮影をして終了しました。
次回は7月末夏休み。イネやニンジンの成長を楽しみに元気にお会いしましょう。
 ※ポタジェ(=フランス語で家庭菜園)
  日進の畑は、野菜だけでなくハーブやお花なども混植したガーデン風になっています。

活動1 「名札作り」と「野菜カット」

きれいな花で名札作り

きれいな花で名札作り

上手でしょ?

上手でしょ?

活動2 「ニンジンの種まき」と「ポタジェ・ガーデン」

収穫するのが楽しみ~!

収穫するのが楽しみ~!

ポタジェ・ガーデンを散策

ポタジェ・ガーデンを散策

活動3 「田植え」

掛け声にあわせて一斉に植えます

掛け声にあわせて一斉に植えます

疲れたけど、楽しい~!

疲れたけど、楽しい~!

活動4 「おやつタイム」と「集合写真」

どの味にしようかなぁ~?

どの味にしようかなぁ~?

最後に全員そろって記念撮影

最後に全員そろって記念撮影

参加者の声

応募理由

  • 子供に野菜の収穫などの農業を体験させたかったから。
  • 家族みんなで体験に参加できるから。
  • 環境問題に興味があったから。 等

今回特によかった体験

  • 田植えは普段体験することができないので、大変だったがとても良い経験になった。
  • ニンジンの種まきは自分が植えたところが分かるようになっていたので、責任を持って取り組めた。 等

その他の意見や感想

  • 泥んこになりながらの田植えは思ったより気持ちがよく、作業量も丁度良かった。
  • 屋外での食事や種まき等、子供に体験させることができて良かった。
  • カレー調理の工程(鍋に野菜を入れる、お米を炊く等)をもっとわかるようにして欲しい。
  • 今回植えたもち米を収穫した後、餅つきをして食べてみたい。 等

次回その他のプログラムも充実してまいりますので、皆さんどうぞお楽しみに!

ページトップへ

第2回  2017年7月30日(日) 曇り時々小雨    参加人数: 11家族37名

第2回目の体験教室は、今にも雨が降りだしそうな曇り空の中でスタートしました。本日、最初の体験は「夏野菜の収穫」。学年別に分かれ大玉トマト・ナス・キュウリ・オクラ・ミニトマトを収穫しました。続く「食の体験」では、収穫した夏野菜をカットし、昼食の夏野菜カレーやピクルス作りを体験しました。NPO法人日進野菜塾様から「外来種のお話」を聞いた後は昼食の時間。夏野菜がたっぷり入ったカレーライスとさっぱりとしたピクルスがとても美味しくお腹がいっぱいになりました。
午後は近くの岩崎川に移動し「川の生き物調べ」。前日の豪雨の影響が多少ありましたが、沢山の種類の生き物が獲れてみんな大満足。川の水の冷たさが暑さを忘れさせてくれました。最後の体験は「田んぼの草取り」。泥まみれになりましたが、米作りの大変さを実感できました。「おやつの時間」では、フルーツたっぷりのフルーツポンチをおいしくいただき、最後に今日の振り返りを絵日記にまとめ、蒸し暑かった一日が終わりました。
次回最終回は10月。稲の収穫が楽しみです。

活動1 「夏野菜の収穫」

どれを採ろうかな~♪

どれを採ろうかな~♪

大きいの見つけた!

大きいの見つけた!

活動2 「カレー用の野菜カット」と「ピクルス作り」

夏野菜をカット。慣れてきたかな?

夏野菜をカット。慣れてきたかな?

ピクルス液に野菜を投入

ピクルス液に野菜を投入

活動3 「川の生き物調べ」

岩崎川では何が獲れるか楽しみ!

岩崎川では何が獲れるか楽しみ!

何が獲れたかな?

何が獲れたかな?

活動4 「田んぼの草取り」と「集合写真」

お米作りの大変さを実感しました

お米作りの大変さを実感しました

最後にみんなで集合写真

最後にみんなで集合写真

参加者の声

今回特によかった体験とその理由

  • 夏野菜の収穫・・・普段食べているものがいかに整いすぎているかを学べた。
  • 川の生き物調べ・・・川に初めて入り興味深い体験になった。獲った生き物の説明が勉強になった。
  • 田んぼの草取り・・・お米を作る大変さを実感できた。 等

前回後生活の中での変化

  • 農業、環境問題、自然に興味を持つようになった。
  • 食べ物のありがたみが分かるようになった。
  • 家で料理を手伝ってくれるようになった。
  • ハウスの商品やCMが身近に感じられるようになった。 等

その他の意見や感想

  • 農薬の必要性が子供達に分かるように、有機米と普通に農薬を使用したお米の味の食べ比べをしてみたい。 等

次回その他のプログラムも充実してまいりますので、皆さんどうぞお楽しみに!

ページトップへ

第3回  2017年10月8日(日) 晴れ    参加人数: 11家族36名

秋晴れとなった最終回は、第1回目に植えた「ニンジンの収穫」からスタート。両手でしっかり葉を握って引っ張ると、土の中から立派に育ったニンジンが姿を現し、みんな大喜び。続いて「稲刈りとはざかけ」を体験。前日の雨でぬかるんだ田んぼに足をとられながらもみんなで一生懸命にイネを刈り、麻ひもでしっかり縛って隙間を空けないようにはざかけをしました。お米作りの大変さを体感できた体験となりました。昼ごはんのハヤシライスを食べた後は、「脱穀ともみすりの疑似体験」。ペットボトルと割りばしを使って脱穀し、すり鉢と軟式野球ボールを使ってもみすりをする作業は貴重な体験となりました。続く「スパイス教室」では、講義を聞いた後、実際にスパイスのブレンド体験。香りを確認して調合し、マイパウダーを作った後は、とんがりコーンにまぶして試食。おやつの時間にはフルーチェ作りを体験し、最後は全家族に修了証が手渡され、盛りだくさんの最終回は無事終了しました。皆さんお疲れ様でした。

活動1 「稲刈り」と「はざかけ」

稲刈りは疲れたけど楽しい♪

稲刈りは疲れたけど楽しい♪

すき間なくはざかけをします

すき間なくはざかけをします

活動2 「脱穀ともみすりの疑似体験」

ペットボトルと割りばしを使って脱穀

ペットボトルと割りばしを使って脱穀

「ふぅー」って、もみがらを飛ばします

「ふぅー」って、もみがらを飛ばします

活動3 「スパイス教室」と「ニンジン収穫」

おいしくできたかな?

おいしくできたかな?

たくさん採れたよ~

たくさん採れたよ~

活動4 「記念撮影」

体験教室で学んだことを忘れないでね

体験教室で学んだことを忘れないでね

参加者の声

今回特によかった体験

<稲刈り、はざかけ、脱穀ともみすりの疑似体験>

  • 春~夏~秋を通して変化を知ること、大変さを体験することは他では得がたくありがたい。
  • なかなか体験できないので、とても貴重な体験をさせていただきました。
  • 隣の田はコンバインで稲刈りをしている横で、鎌を使って地道に稲刈りをするのは、とても良いことだと思いました。
  • とても重労働ですが、食のありがたみを感じることができる良い機会でした。
  • 自然と接する機会が減っているので良い体験ができたと思います。 等

その他の意見や感想

  • 子どもたちと共に楽しく参加できとても良かったです。また何かあったら参加したいです。
  • 自由研究に良かった。
  • 参加人数を増やして参加の抽選確率が高くなると良い。
  • お土産も嬉しかった。 等

ページトップへ

開催レポートトップへ戻る

page top