ハウス「食と農と環境の体験教室・福岡」開催レポート 2017

第1回  2017年6月25日(日) 曇り    参加人数: 10家族30名

当日朝まで雨。雨の中での田植えを覚悟していましたが、開催に合わせて雨も上がりました。
NPO法人男女・子育て環境改善研究所とNPO法人循環生活研究所様の協力のもと、今年の体験教室がいよいよスタートしました。
イネの育ち方を教えてもらった後、田植え体験です。参加者の皆さんは初めての体験に、どろんこになりながらも頑張りました。次に生き物観察、田んぼの横の水路でナマズを2匹捕まえました。その大きさにみんなビックリ。脱皮直後のオニヤンマも発見、羽が柔らかくまだ、飛んで逃げれません。貴重な体験ができました。続けて野菜の観察、トマト、ゴーヤ、唐辛子などの成長を観察しました。そしてお待ちかねのお昼ご飯。メニューはキーマカレーとサラダ。お代わりも続出し、お腹がいっぱいになりました。午後からはダンボールコンポストで生ごみから「たい肥」を作る活動を教えていただきました。最後にみんなでフルーチェを作っておいしくいただきました。
次回はいただいたダンボールコンポストでの「たい肥」を持ち寄り、NPOの方に評価・アドバイスをもらったり、田んぼの生き物観察や料理体験、スパイス教室など盛りだくさんです。

活動1 全員集合&田植え

みんなで一緒に「がんばるぞー」。

みんなで一緒に「がんばるぞー」。

恐る恐る田んぼに入る。「気をつけて」。

恐る恐る田んぼに入る。「気をつけて」。

活動2 田植え終了、野菜観察

「終了」初めての体験に大満足。

「終了」初めての体験に大満足。

大きなズッキーニにびっくり。

大きなズッキーニにびっくり。

活動3 生き物観察

ナマズを捕まえたぞー。

ナマズを捕まえたぞー。

生まれたてのオニヤンマです。

生まれたてのオニヤンマです。

活動4 昼食・農業と環境のお話

キーマカレーをいただきました。「おいしい、おいしい」の連発!

キーマカレーをいただきました。
「おいしい、おいしい」の連発!

生ゴミを「たい肥」にする方法やイネの育ち方を学びました。

生ゴミを「たい肥」にする方法やイネの育ち方を学びました。

参加者の声

【応募理由】

  • 子どもに田植えを体験させたかった。
  • 子どもが食に興味を持っていたから。

【特によかった体験】

  • 田植えは一度やってみたかったので、体験できてよかった。
  • 泥の感触が気持よかった。
  • 生き物観察、ナマズに子どもが興奮していた。
  • 自然の野菜に触れたせいか、子どもが何も言わずに野菜を食べてくれた。
  • キーマカレーおいしかったです。おなか一杯になりました。

【その他の意見や感想】

  • ハウス食品が大好きになりました。
  • スタッフの方が親切でとても対応が良かった。次回も楽しみです。

今回は貴重な体験ができましたね。次回も何か起きるかも!?いろいろ体験しましょう!
植えた稲や収穫前だった野菜の成長がどうなっているかな。皆さんどうぞお楽しみに!

ページトップへ

開催レポートトップへ戻る

page top