ハウス食品グループでは、小・中学校で平成14年度から本格的に実施された「総合的な学習の時間」における学習カリキュラムの提供や体験学習への講師派遣などを行い、カレーやスパイス、ビタミンなど身近な食品を通じて国際的な視野を広げたり、日々の食事を見直す力を養うために支援を行う「出張授業」を開催しています。

2016年度の出張授業のお申し込みは終了しました。

出張授業対象テーマ

ハウス食品からの講師派遣の対象となるテーマになります。

カレーからはじめる国際理解

含まれているテーマ 国際理解・健康・情報

人気メニューのカレーや、身近なスパイスを通して、世界とのつながりや異文化に対する興味・関心を深めます。

詳細を見る

カレーから考える毎日の食生活

含まれているテーマ 国際理解・健康・情報・食生活

カレーを通じて、こどもたち自身が日頃の食生活を見直し、何をどれだけ、どんな風に食べたらよいのかを学んでいきます。

詳細を見る

ビタミンから考える体に必要な栄養

含まれているテーマ 食生活・健康・情報

実験や調理実習を通じて、ビタミンについて学び、体に必要な栄養について考えます。

詳細を見る

学習カリキュラムの提供

授業でお使いいただくための参考としてご提供しているテーマになります。

スパイスから世界が見える

含まれているテーマ 国際理解・健康・情報・食生活

スパイスについて学ぶことで、私たちの日常生活から世界の歴史や食事情まで、興味や視野を大きく広げることを目的としています。

詳細を見る

スパイスのはたらきを科学する

含まれているテーマ 国際理解・健康・情報・食生活

スパイスを観察したり、香りや辛味、色づけに関する実験・体験の実施など、スパイスが持つ力を探求することを目的としています。

詳細を見る

ページトップへ