社会貢献活動
ハウス「食と農と環境の体験教室」

目的

社会環境や家庭環境など子ども達を取り巻く環境は急激に変化しています。その結果、子ども達の健全な育成に大きな影響を与え、コミュニケーション能力や持久力・体力・運動能力の低下、生活習慣や食生活の乱れといった問題が表面化してきました。これらの課題を解決するために食品企業として取り組めることのひとつとして、ハウス食品グループでは2009年から「ハウス食と農と環境の体験教室」を実施しています。

スローガン

知って、作って、食べて、つながって!

特徴

各地のNPO法人の方々等の団体の皆さんと協力して実施していること、また、同一家族が1年間(3回)連続して参加することにより、野菜や稲の生長や自然の変化を季節を通して体験していただくことが大きな特徴になっています。
また、社員の社会貢献活動への参加意識を高めるきっかけづくりとして、毎回、全グループ社員を対象に社員ボランティアを募集し、当日の教室を運営しています。

2017年「食と農と環境の体験教室」実施エリア

2016年「食と農と環境の体験教室」実施エリア

ハウス「食と農と環境の体験教室」開催レポート

受賞

2013年度、「食と農と環境の体室」は、公益社団法人こども環境学会主催「こども環境学会賞」の『活動賞』、及び、農林水産省主催「食と農林漁業の食育優良活動表彰」の『消費・安全局長賞』の2つの賞を受賞しました。
「こども環境学会賞」は、こどもを取り巻く環境に関する優れた研究、デザイン、活動業績などを顕彰するものであり、「食と農林漁業の食育優良活動表彰」は、農林水産業への理解や食への感謝の念を醸成する食育活動を継続的かつ効果的に実施し、優れた業績を上げた農林漁業関係者や食品等事業者を表彰するものです。
2014年度は文部科学省主催「青少年の体験活動推進企業表彰」の「審査委員会奨励賞」を受賞しました。

page top