唐辛子の辛味は、どの部分が強いのですか。

隔壁(しきり部分)と胎座(種に接する部分)です。

唐辛子の辛味成分であるカプサイシンは、果実の隔壁(しきり部分)の面から分泌され、隔壁と胎座(に接する部分)に貯蔵されます。辛いのは隔壁と胎座で、果肉やには辛みは少ないです。

俗に、が辛いと信じられているのは、果実が完熟して乾燥する際、貯蔵されている層が破れ、隔壁や胎座のカプサイシンが種皮に付着するためです。

← よくいただくご質問トップへ戻る

page top