ハヤシライス

ハヤシライスとハッシュドビーフの違いを教えてください。

一般的には、諸説あり、はっきりした答えはないようです。

ハヤシライスとハッシュドビーフには明確な違いはなく、どちらも、“ 薄切りの牛肉と玉ねぎを使ったライスメニュー ”です。

日本にハヤシライスが登場したのは明治時代とされています。名前の由来は諸説あり、英語の「ハッシュドビーフ(hashed beef≒細切れにした牛肉)」の発音がなまった説など多数あるようです。

ハウス食品の調査(2014年)では、ハヤシライスはお子さまが好きな甘みのあるトマトソースの味、ハッシュドビーフはデミグラスソースをベースとした大人の味、というメニューイメージをお持ちのが多いようです。

ちなみに、ハウス食品では、1934年(昭和9年)に、『ハヤシライスの素』(粉末タイプ)を発売しています。現在では、『完熟トマトのハヤシライスソース』をはじめ、お子さまから大人の方までお好みでお選びいただけるように、さまざまなおいしさの製品をご用意しています。

【商品をお探しの方はこちら】
『ハヤシ・ハッシュドビーフ・その他ライスメニュー』

← よくいただくご質問トップへ戻る

page top