カレー(シチュー、ハヤシ)を作り置きするとき、注意することはありますか。

必ず、あら熱を充分にとった後、すぐに冷蔵庫または冷凍庫で保存してください。

保存したカレーは、翌日を目安になるべく早めにお召し上がりください。お召し上がりになるときには、お鍋に移し、よくかき混ぜながら充分加熱してください。電子レンジの場合は加熱ムラが起きることがありますので、お鍋に移して加熱していただくことをお勧めします。

【注意】熱いままのカレーを冷蔵庫や冷凍庫に入れてしまうと、庫内の温度が上がってしまい、ほかの食材の保管に影響してしまうことがあります。

【注意】中心部に熱が残っていると、ウエルシュ菌などの細菌が増殖し健康に影響を与えることがあります。

ウエルシュ菌とは、食品中で繁殖すると食中毒の原因となる菌です。の菌と比べて熱に強いため加熱された食品にも生存することがあります。ウエルシュ菌による食中毒を予防するには、充分な再加熱が必要とされています。
(参考:国立感染症研究所ホームページ
https://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/324-c-perfringens-intro.html

【注意】冬場であってもお鍋のまま常温で長時間保存しないでください。

【関連FAQ】
HOUSEヒント「ルウで作ったカレーやシチューの保存方法」

← よくあるご質問トップへ戻る

page top