ルウカレー、シチュー、ハヤシ全般

カレーやシチュー・ハヤシを作るとき、なぜいったん火を止めてからルウを入れるのですか。

お鍋の中の温度を下げ、ルウを溶けやすくするためです。

いったん火を止めることで、お鍋の中の温度を下げ、ルウを溶けやすくするためです。
高温で煮えている鍋にルウを加えると、ルウに含まれる小麦粉が膜を作り、溶けにくくなります。 火を止めると鍋の中の温度はすぐに90℃くらいまで下がり、ダマになる心配もなくなります。

← よくあるご質問トップへ戻る

page top