地域によってこんなに違う!
2020年度版「日本全国カレー白書」

ハウス食品が実施した「カレー調理実態調査」から判明した地域別のカレーの特徴についてご紹介します。カレーに使う具材やトッピング、好みの味付けなど、エリアによって面白い特徴の数々が。現地在住や出身の方のリアルな声も交えてお伝えします!

※【調査概要】調査時期:2020年1~8月、調査方法:ハウス食品(株)によるWEB調査、対象者:全国18~69歳の既婚女性で夕食にルウカレーを利用したことがある人、サンプル数:7,663人

【具材】魚介、しめじ、牛肉でエリアごとに好みが分かれた!

全国でカレーに使う具材のトップ3は、玉ねぎ、にんじん、じゃがいもで不動の地位を築いています。ではそれ以外の肉や魚介、他の野菜は何が選ばれているのでしょうか?期待を裏切らない結果もあれば、意外な具材がランクインしているものも。ぜひカレーを作るときの参考にしてみてください。

魚介・しめじ・牛肉を具材にカレーを作っている様子のイメージイラスト

【北海道エリア】具材に魚介を使う率No.1

北海道エリアではカレーの具材に魚介を使用する率は6.8%。全国平均が1.8%なので、それに比べると約4倍という結果に!魚介は比較的高級な食材が多いので、他のエリアの人からすると、とてもうらやましい調査結果なのではないでしょうか。

北海道在住男性
北海道在住男性

僕も、えびの出汁を使った魚介カレーを作ります。北海道で有名なスープカレーも、えび出汁や魚介を具材に使ったものが多いです。

【東海・北陸エリア】具材にしめじを使う率No.1

具材のトップ3は、玉ねぎ、にんじん、じゃがいもですが、なすやしめじも1割程度を占めています。中でも、東海・北陸エリアではしめじを使う率が全国一という結果に。しめじのしゃきっとした食感は歯ざわりもよく、またヘルシーなので健康面でも◎。まだ試したことがない人はぜひ試してみては?

愛知県出身女性
愛知県出身女性

名古屋で生まれ育ちましたが、私の実家のカレーにもしめじが入っていました!

【関西エリア】お肉に牛肉を使う率No.1

カレーに使う肉と聞いて思い浮かべるのはどんな肉ですか?全国平均では、豚肉、牛肉、鶏肉の順番で支持されていますが、関西エリアではなんと約6割の人が牛肉を選んでいます。一般的に、東は豚肉、西は牛肉と言われていますが、それを証明するような結果がでました。

大阪府出身女性
大阪府出身女性

カレーと言えば牛肉でしょ!「豚肉は?」と言われたら、「それはもはやカレーではなくポークカレーやん!!」…というツッコミを入れます(笑)

【トッピング】福神漬けなどの王道から、ゆでたまご、チーズまで好み色々!

盛りつけたカレーライスに彩りを添えるのが、カレーの上にのせるトッピングと、らっきょうや福神漬けなどの添え物。見た目の変化はもちろん、味の変化も楽しめるとあって、地域によって異なる個性豊かな調査結果が明らかに!

福神漬け・ゆで卵・チーズをトッピングしたカレーを楽しんでいる様子のイメージイラスト

【東北エリア】薬味に福神漬けを選ぶ率No.1

カレーに添える薬味の代表格と言えば、福神漬けとらっきょう。東北エリアでは福神漬けを添える人の割合が4割強と、なんとらっきょうを選んだ人の数と比べて4倍近いことが分かりました。ちなみに、全国平均でも、らっきょうより福神漬けを選ぶ人が多いという結果に。

宮城県出身男性
宮城県出身男性

実は、昔は漬物が苦手だったので、福神漬けは添えていませんでした…。でも、通っていた学校の学食のカレーには、当たり前に福神漬けが添えられていましたよ。

【東京エリア】トッピングにゆで卵を選ぶ率No.1

カレーをご飯の上にかけて、その上にゆで卵やチーズをトッピングする人も多いのではないでしょうか。ゆで卵をトッピングする人の割合が、堂々の全国1位に輝いたのは東京エリアです。

東京都出身男性
東京都出身男性

毎回ではないけど、家でもお店でもゆで卵をトッピングすることはありますね!
カレーのスパイシーさを、ゆで卵がマイルドにしてくれますよ。

【九州エリア】トッピングにチーズを選ぶ率No.1

九州エリアでは、カレーのトッピングにチーズを選ぶ人の多さがNo.1という結果に。いつものカレーも、コクとまろやかさがぎゅっと詰まったチーズをかけることで、味と風味がワンランクアップしそうです。ちなみに、福岡の門司は「焼きカレー」発祥の地と言われていて、「焼きカレー」にはチーズがトッピングされているので、この組み合わせに慣れ親しんでいる人が多いのかもしれません。

福岡県出身男性
福岡県出身男性

うちは家族揃ってチーズかけます!特に2日目は、グラタン皿にごはん、カレー、チーズとのせて、オーブンで焼いて食べていましたね。

【辛さ】各家庭で“オリジナル”の辛さを追求しているエリアも!

カレーの辛さは人それぞれに好みがあるもの。それゆえ、ルウを買う時には、甘口、中辛、辛口から好みのタイプを選びますよね。しかし、買ったものをそのまま使わず、調理時にもひと工夫して「好みの辛さ」を追求しているエリアがありました。

同じブランドの甘口と辛口のカレールウを使用して、カレーを作っている人のイメージイラスト

【中四国エリア】同じ銘柄で複数の辛さをブレンドする率No.1

中四国エリアは、同じ銘柄の辛さの違うルウを複数ブレンドして、好みの味を楽しんでいる人の割合が多いということが判明。同じ銘柄なら、辛さの違うルウを混ぜても味が喧嘩することなく、好みの辛さが楽しめそう。

岡山県出身女性
岡山県出身女性

私は必ず同じブランドの甘口と辛口をブレンドします。それで作る自分好みの中辛が好きだからです!そのブランドの中辛とはまた違うんですよね〜。

【付録】全ランキング早見表

最後に、今回の調査結果の詳細を「早見表」にまとめてご紹介! 記事内では紹介しきれなかった情報も、ぜひチェックしてみてくださいね。

調査結果一覧

※掲載情報は2020年12月時点のものです。

page top