• こだわりカレー術

カレーにあう薬味・トッピング

テーブルにいろいろな薬味が並んだり、ご飯にかわいらしくトッピングがされていると、視覚的にも楽しさが加えられ、食欲も倍増。
なにより、食べる人自身が味覚に合わせてチョイスでき、簡単に好みの味に仕立てられるという楽しさもありますので、テーブルにはできるだけ多くの薬味やトッピングをそろえたいものです。

薬味

薬味には甘いもの、辛いもの、酸っぱいもの、ナッツなどの歯ごたえや風味のあるものがあり、カレーの味を自在に変化させるだけでなく、箸休めにもなります。
好みに応じて味のバリエーションを楽しめる薬味の数々。ここでは特に知られている薬味を挙げてみました。トライしたことがなければ是非、お試しを!
カレーの食卓に、プラスされる新しいエッセンスを楽しんでみてください。

写真:薬味

  1. 福神漬け
  2. なます
  3. セロリのピクルス
  4. マンゴーチャツネ
  5. スタッフオリーブ
  6. 漬物(みじんぎり)
  7. トマト
  8. らっきょう
  9. ミックスピクルス
  10. きゅうりのピクルス
  11. チーズ
  12. ワンタンの皮のフライ
  13. なすの辛子漬け
  14. ハム

この他にアーモンドやココナッツなどの木の実類、パイナップルなどのフルーツ、ママレード、塩味のきいたアンチョビーなどもおいしい薬味になります。

トッピング

トッピングは、おしゃれ感覚をプラスしてセレクト。味覚の種類はもちろん、ゆで卵や果物などの見た目に美しいものを楽しくなるようカラフルに取りそろえるのも大切です。

写真:トッピング

  1. スイートコーン
  2. キウイフルーツ
  3. トマト
  4. スライスアーモンド
  5. ゆでたまご
  6. いちご
  7. パイナップル
  8. チーズ
  9. プレーンヨーグルト
  10. ハム
  11. レーズン
  12. ソーセージ

他にグリーンピースやいんげん、きざみパセリ、煎ったココナッツ、 アーモンド、オニオンフライなどをあしらってもおいしいです。

page top