カレーに合う飲み物

プレーンラッシーの画像

日本では、カレーを食べる時には「水」を添えるのが定番のようになっていますが、飲み物もひと工夫をすればよりいっそうカレーを楽しめます。とくに辛いカレーの時は、辛さをやわらげてくれる牛乳やヨーグルトなど乳製品を使ったドリンクがぴったり。簡単に作れるおすすめレシピをご紹介します。

フレーバーウォーター

水にフルーツやハーブを入れて風味をつけた「フレーバーウォーター」は、フレッシュな風味とさっぱりとした口当たりが魅力のドリンクです。作り方はミントやローズマリーなどのフレッシュハーブ、りんご、レモン、ブルーベリーなどの果実や果汁、シナモンやカルダモンなどのホールスパイスを冷たい水に入れるだけ。さまざまな食材を組み合わせれば見た目にも美しいアレンジが楽しめます。

フレーバーウォーターの画像

ラッシー

インドカレーで定番のドリンク「ラッシー」は、ヨーグルトと水で簡単に作れます。基本レシピとスパイスやフルーツを使った3つのアレンジレシピをご紹介します。

プレーンラッシーの画像

ラッシー(プレーン)

【作り方】(約3人分)

  1. ボウルにプレーンヨーグルト400gを入れて泡立て器でよく混ぜる。
  2. 水150mlを加えて混ぜ、さらに水150ml、塩少々を加えて、なめらかになるまで混ぜ、冷蔵庫で冷やす。
  3. 氷を入れたグラスに注いで、ブラックペパー<ホール>少々を挽いて加える。

クミン入りラッシー

【作り方】(約3人分)

  1. ボウルにプレーンヨーグルト400gを入れて泡立て器でよく混ぜる。
  2. 水150mlを加えて混ぜ、さらに水150ml、塩少々を加えて、なめらかになるまで混ぜ、冷蔵庫で冷やす。
  3. 氷を入れたグラスに注いで、クミン<パウダー>少々を振る。

シナモンラッシー

【作り方】(約3人分)

  1. ボウルにヨーグルト400gを入れ、なめらかになるまで泡立て器でよく混ぜる。
  2. 水300ml、砂糖大さじ4を加えてさらによく混ぜ、冷蔵庫で冷やす。
  3. 氷を入れたグラスに注いで、シナモン<パウダー>少々を振る。

マンゴーラッシー

【作り方】(約3人分)

  1. ミキサーに、皮をむいて種を取ったマンゴー1個、プレーンヨーグルト400g、水120ml、砂糖大さじ4を入れて撹拌する。
  2. 冷蔵庫で冷やし、氷を入れたグラスに注いで、カルダモン<パウダー>少々を振る。
    (ミキサーがない場合は、マンゴーを裏ごしして、他の材料と泡立て器でよく混ぜる。冷凍マンゴーを使用しても良い)

※ラッシーはいずれのレシピも、材料全部を合わせてミキサーなどにかけてもよいでしょう。

牛乳と混ぜるだけで手軽にラッシーが作れます

手軽にラッシーを作りたい時は、ハウス・カレー関連商品「カレーパートナー」がおすすめです。

チャイ(スパイスミルクティー)

「チャイ」はシナモンなど数種のスパイスを入れて煮込むインド伝統のミルクティー。甘くて濃厚な味わいは食後の一杯にもぴったりです。

チャイ(スパイスミルクティー)の画像

【作り方】(2~3人分)

  1. シナモンスティック<セイロンシナモン>1/2本は細かくくだく。カルダモン<ホール>2粒はさやをむいて種を出す(さやと種の両方を使う)。
  2. 鍋に水200ml、1のシナモンとカルダモン、クローブ<ホール>2本、ブラックペパー<ホール>4粒を入れ、沸騰させる。
  3. 湯が少し色づくくらいになったら、紅茶の葉小さじ4を入れる。弱火にし、紅茶の葉が開いたら牛乳200mlを加える。再び沸騰してからさらに1分半~2分加熱し、火を止める。
  4. グラニュー糖小さじ4と1/2を入れて軽く混ぜ、茶こしでこしながらカップに注ぐ。

※スパイスはこの他、ジンジャー<パウダー>あるいは生のしょうが(スライス)を入れてもよいでしょう。

page top