2020年04月28日

「RSPO認証パーム油」の調達を2020年4月より開始
ハウス食品全ての自社工場とサンハウス食品でRSPOサプライチェーン認証取得

ハウス食品では持続可能な原材料調達の取り組みの一環として、2020年4月より自社工場において購入しているパーム油をRSPO認証パーム油(注1)へ切替えを開始し、現在、ルウ製品(注2)への使用量相当分を調達しています。また、今後レトルト製品(注3)への使用量相当分についても同様に切り替えを進めていきます。

2020年1月にはハウス食品の全ての自社工場(関東工場、静岡工場、奈良工場、福岡工場)とハウス食品ブランドのレトルト製品を製造するサンハウス食品においてRSPOサプライチェーン認証を取得しました。
これにより、ハウス食品の主力の製品カテゴリーであるルウ製品・レトルト製品において認証パーム油への切り替えが可能となりました。

ハウス食品グループでは、かねてより原材料産地の社会課題や環境等に配慮する持続可能な原材料調達の取り組みを進めており、その取り組みを強化すべく2018年1月より「持続可能なパーム油のための円卓会議(RSPO)」に加盟し、持続可能な生産をされたパーム油の調達に向けた準備を進めて参りました。
2018年4月よりスタートした第六次中期計画においても重要な取り組みとして位置付けております。
今後も引き続き、持続可能な原材料調達の取り組みを強化し、原材料の生産者やサプライヤーをはじめとする様々なステークホルダーの笑顔を創出することで、「食を通じて人とつながり、笑顔ある暮らしを共につくるグッドパートナーをめざします。」というグループ理念の実現を目指して参ります。

注1 MB(マスバランス)認証油の使用を開始
注2 顆粒・ペースト製品は除く
注3 国内のグループ拠点(サンハウス食品)で製造するレトルト製品が対象

RSPOについて

「持続可能なパーム油のための円卓会議(Roundtable on Sustainable Palm Oil)」の略称。
WWF(世界自然保護基金)とパーム油産業に関わるステークホルダー(メーカー、小売、環境団体など)によって設立された持続可能なパーム油の生産と利用を促進する非営利の会員組織。

ハウス食品グループは、「持続可能なパーム油のための円卓会議(Roundtable on Sustainable Palm Oil)」の会員です。
私たちの進捗状況をRSPO(URL:https://rspo.org/members/7148)(注4)でチェックしてください。

注4 ご覧いただく際のウェブブラウザは「Google Chrome」を推奨いたします。

ニュースリリース一覧へ戻る

page top