2011年03月14日

東北地方太平洋沖地震に対する当社グループの被災状況および支援物資について

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震により被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

ハウス食品では、対策本部を設置し、従業員並びにその家族の安否、各関係施設等の被害状況に関する情報の収集、及びその対応策の検討・実施に努めています。その結果、弊社従業員全員の無事を確認しております。

生産拠点については、ハウス食品関東工場(栃木県佐野市)の製造設備に軽微な被害が生じ、ルウカレー、ルウシチュー、カップ製品の製造に支障をきたす状況となっておりますが、現時点では17日より順次、通常の状態に回復する見込みです。
尚、その他の生産拠点(静岡工場、福岡工場、奈良工場、サンハウス食品など)は生産に影響はなく、現在の状況を踏まえて、レトルト食品やルウカレー、スナック菓子の増産を検討しています。

また、ハウス食品及びハウス食品グループでは、被災地支援のために、農林水産省地震対策本部と連動して、以下の支援物資をお届けすることを決定いたしました。

  • レトルト食品(カレー・ハヤシ)  100,000個
  • 栄養調整食品(菓子)、スナック菓子 50,000個
  • ハウスウェルネスフーズが製造販売する500mlペットボトル飲料 6,000本

支援物資につきましては、引き続き対応してまいります。

さらに、電力供給の不足に配慮し節電に協力するために、関連の事業所において屋外広告灯の消灯をはじめ、不急の電力使用を控えるなどの対応をおこなってまいります。

ハウス食品及びハウス食品グループは、一日も早い被災地の復興を祈念し、さらなる支援活動をおこなってまいります。

以上

ハウス食品株式会社

本件に関するお問い合わせ先ハウス食品株式会社 広報・IR室 広報課 担当:堀尾・森田・前澤
TEL:03-5211-6039  FAX:03-5211-6029


ニュースリリース一覧へ戻る

page top