レシピ検索

香ばし十五穀を使った押し寿司

香ばし十五穀を使った押し寿司

ひしもちの形の

調理時間
約60分
エネルギー
食塩相当量

※エネルギー・食塩相当量は-の値

材料4人分

材料 分量
180ml×2カップ(2合)
ハウス 元気な穀物<香ばし十五穀> 1袋
---(a)---------
大さじ3
砂糖 大さじ2
大さじ1/2
鮭フレーク 60g
---(b)---------
2個
砂糖 小さじ 2
少々
さやえんどう 50g

作り方

  1. 米は炊く30分前にとぎ、ざるにあげておく。
  2. 炊飯器に(1)の米を入れて通常の水加減に合わせ、香ばし十五穀を入れて炊く。
  3. 空の牛乳パックをよく洗い、上下を切り落とし、10cm位の長さの四角い筒状のものを作る(ひし形を作る型として用いる)。
  4. 卵は、砂糖、塩を加えて混ぜ、薄焼き卵を作る。ひし形を4枚とり、残りは錦糸卵にする。さやえんどうは、ゆでてななめ細切りにする。
  5. ご飯が炊けたら、飯台などに移し、(a)を合わせた合わせ酢をまわしかけ、酢が全体にいきわたるようにしゃもじで手早く切るように混ぜ、うちわであおいで冷ます。
  6. お皿に牛乳パックの型をのせ(内側を水でぬらしておく)、(5)のご飯を1㎝位詰め、その上に錦糸卵をのせる。同様にご飯、鮭フレーク、ご飯、さやえんどう、ご飯を詰め、崩さないように牛乳パックを抜く。
  7. 一番上に(4)のひし形の薄焼き卵をのせ、鮭フレーク、さやえんどうを飾る。

一口メモ

・調理時間にといだ米をおいておく時間は含まず。
・「元気な穀物」の栄養価は測定中のため、栄養価計算は、算定していません。

ひとさら完結!まんぷくライス

8月19日 ~ 8月25日

おすすめ特集レシピ

page top