カレーの世界史 16〜17世紀

インドのカレーがヨーロッパの文化と初めて出会った時代。かなり昔のことなので資料が少ないもの、いくつかの文献の中にカレーを食べたらしいヨーロッパ人の驚きや好奇の視線を読み取ることができます。
さて、その貴重な文献とは・・・・

1563年

「カリール」の語を初めてヨーロッパに紹介したのはポルトガル人

インド副総督の侍医としてインドに渡り、以来30年余り各地を旅行しながら植物、薬学、香料などについての研究に取り組んだポルトガル人ガルシア・ダ・オルタが、1563年に『インド薬草・薬物対話集』という本を出版しました。この本の中で、カレーについて、「これと鳥の肉か獣肉で、彼等はカリール(caril)と呼ばれる料理を作る。」と記述しています。これが、ヨーロッパの文献に登場する最初のカレーと言われてます。
この本は1574年には、レクルーズという人によって、『植物史』というタイトルでラテン語(当時はラテン語がヨーロッパ各国共通の言語)に翻訳され、広く知られることになりました。

イメージ:「カリール」の語を初めてヨーロッパに紹介したのはポルトガル人

参考資料:「カレー料理探訪」(別冊家庭画報 1987年発行)

1595〜6年

オランダ人リンスホーデンが『東方案内記』で、「インディエ人のカリールはなかなか美味」

オランダ人のハイヘン・ファン・リンスホーデンが、インドに赴任するポルトガルの大司教についてインドに渡り、1595〜1596年に『東方案内記』という本を出版しました。当時はオランダやイギリスがインドに本格的に進出し植民地化しようとしていた時期で(1600年はじめにはイギリス、オランダの東イ ンド会社が発足)さまざまなインドの情報が求められていました。
この『東方案内記』の中で、リンスホーデンは、「魚はたいていスープで煮込み、米飯にかけて食べる。この煮込み汁をカリール(caril)という。やや酸味があって、クライス・ベス(すぐりの一種)か未熟なぶどうでも混ぜたような味だが、なかなか美味で、カリール料理はインディ人の常食である。かれらに とって米飯はわれわれのパンに当たる。」と書いています。この本は3年後に英語訳も出されています。

イメージ:オランダ人リンスホーデンが『東方案内記』で、「インディエ人のカリールはなかなか美味」

1600年

イギリスが東インド会社を設立

そして新たな世紀「17世紀」にはインド進出が本格化していきます。当然の事ながら、インドの料理も何かの折にイギリスに入ってきたのではないかと思われますが、この時期のインドの料理に関する記録はあまりないようです。

イメージ:イギリスが東インド会社を設立

page top