イメージ

エルキューイブランドについて

イメージ1 イメージ2

創業者の家名をそのまま社名にする多くのメーカーと違い、エルキューイはパリ北部のオワーズ地方にある小さな村からその名をとりました。
エルキューイの歴史は、1867年、エルキューイ村の若き牧師アドリアン・セレスト・ピオンが村の立て直しのために銀器や金銀メッキ製品を製造した事から始まります。銀や金メッキのティー&コーヒーセット、美しい装飾をほどこしたテーブル小物、スターリングシルバー(純銀)のカトラリーが評判になり、エルキューイの店がパリやフランスの各都市、そしてヨーロッパの各地にオープンしていきます。19世紀の終わりごろには本格的な工場生産に切り替え生産量が飛躍的に増加、また1889年に世界博覧会に出品した商品が評判となり、一流ホテルやレストランを始め、豪華客船などからの注文が殺到しました。高い芸術性と品質が評価され、オリエント急行の食堂車ではエルキューイのナイフやフォークが使われています。カトラリーのシルバーの厚みは、欧米諸国で定められている品質基準の33ミクロン以上のメッキ厚で製造されており、ヨーロッパのホテル・レストランでも使われています。第二次世界大戦後は、古い伝統を守るべき使命と、より新しいものを求める時代のニーズから生産設備を近代化し、幅広い商品を製造していくことによりテーブルウェアで成功し、高級テーブルウェア市場でのリーディングカンパニーの一つになりました。
その後名誉あるフランスの高級ブランド協会コミテ・コルベールの会員にも選ばれ、今日でも、昔と変わらぬ情熱で品質を追求し、細かな部分にまでこだわって、新しい商品のなかにもその素晴らしい工芸品職人の伝統を貫いています。

イメージ3 イメージ4

エルキューイのスターリングシルバー製品に刻印されるマークは2種類。主となるパターンがひし形の中にエルキューイのイニシャルEと、そのシンボルであるギリシャ神話の半人半馬ケンタウロスが描かれているもので、もう一つのパターンがローマ神話の女神ミネルヴァの頭を刻み込んだ、92.5%の銀の純度とフランス製であることを示す品質保証のマークです。純銀(スターリングシルバー)製のカトラリーでは、純度92.5%の銀を使用し、その証としてミネルヴァの頭を模したマークを付けています。
エルキューイの銀メッキカトラリーのコレクションは、17世紀から変わらずフランスの「アール・ド・ヴィーヴル」(アートな生き方)に忠実に従うものです。贅沢なメッキ厚は、エルキューイの誇りでもあります。欧州の基準とされる33ミクロン以上のメッキ厚で製造して、美しい仕上がりを実現しています。メッキ被膜にこれだけの厚みを確保することで様々な凝った装飾が可能になるほか、製品そのものの輝きも通常よりずっと長持ちするのです。

イメージ5

銀は皮革同様、使いこむほどに味が出て美しさの増す数少ない素材の一つ。エルキューイのカトラリーは、日々お使いいただくことで輝きが丸みを帯びて、より一層味わい深いものとなるでしょう。
エルキューイの銀器は、一流ホテル・レストランに採用されてきました。それは、エルキューイの飽くなき美の探究心、より高度な技術を求めてやまない情熱が、そうした一流のホテル・レストランの求める高い基準に合致したからにほかなりません。テーブルに並べるカトラリーによっては、料理がよりモダンなものに見えたり、あるいは食卓のクラシックな雰囲気をより上質に引き立てることもあります。食卓に欠くことのできないものでありながら、決してその存在を主張しすぎず、テーブル全 体の雰囲気を変えるのです。
皆様の食卓が、より一層華やいだものになるようお手伝いすることが私たちの願いです。

レイノーブランドについて

イメージ1 イメージ2 イメージ3

レイノーは、フランス陶磁器の故郷、フランスの中西部に位置する都市リモージュで、リモージュ焼きを創り続ける数少ない伝統の窯のひとつです。独自に調合されたカオリン(陶土)が作り出す独特な白地と自然な色彩の絵柄が、食べものをより引き立てます。伝統的な絵柄から、新進気鋭のデザイナーによる現代的なものまで、多くの人々に愛されています。
フランス陶磁器は、リモージュから始まったといえます。レイノーの窯の始まりは1849年。ナポレオン3世時代にリモージュ地方モンジョヴィの丘に11の窯が建てられ、モンジョヴィはその技術力の高さで世界一の陶磁器を作る街として世界中に名を轟かせていました。微妙な色合いを見事に表現したこの工房の技術力の高さは、まさに「ツール・ド・フォース」(神業)として称賛され、時を経ても退色しない装飾技術は、何年にもわたる研究によって開発され、今なお多くの陶磁器メーカーに受け継がれています。20世紀に入ると、良いカオリン(陶土)が採れるリモージュに、アメリカやオランダからの注文が殺到。それらの外国が工場進出を始めて、リモージュは変わり始めました。レイノーの誕生した頃には11しかなかった窯が35にも増えて、質よりも量を選ぶ時代に向かっていったのです。

1911年にマーシャル・レイノーが工房を買取り、1925年にレイノー社と名前を変更。現在のRの文字に月桂樹の枝をあしらったマークを使用するようになりました。その後レイノーは二代目のアンドレ・レイノー、三代目のバートラン・レイノーにより、時代の変化の中で、リモージュで生まれ育ったという自負と誇りを捨てることなく、頑なにリモジーュ焼本来の伝統を守り続け、高品質の陶磁器を創り続けています。
純白のエレガントな輝きをもつシンプルなデザインが、レイノーの食器の誇りです。レイノーの経営者は代々、その経営哲学として「ハイクオリティー」、そしてフランス的なレイノーならではの「デザインの創造性」を大切に考えています。素材となるカオリン(陶土)も、レイノーだけのレシピ(調合)による高品質のものを使用しています。大胆な料理にもよく合い、料理の持ち味を引き立てます。良いものに国境はありません。英国のダイアナ妃の結婚祝いとして、レイノー社長自らが全製品の中から「ミル・レイ」を選んで贈ったのも、ひとつの思い出です。美食で知られるフランスの数々のレストランがレイノーを選んでいることも、レイノーの品質や風格を語る上で見逃せない事実です。

イメージ4 イメージ5

上質な白磁の器は、手間ひまをかけてようやく完成されます。レイノーの透き通るような白はカオリン(陶土)によるもの。そのほかの材料とのレイノー独自の調合により硬質の半透明な陶磁器へと変わっていきます。焼き物は時にFIRE ART(炎の芸術)と呼ばれますが、レイノーの器は1回目1000℃、2回目は1400℃、2回の高温で焼成されています。そのため、食器洗浄機、オーブン、電子レンジ(金彩のないもののみ)もご使用可能です。
昔からフランス王室や大統領とのつながりも深いレイノーの器は、リモージュでうまれる世界の名品。また、美食で知られるフランスの数々のレストランにレイノーが選ばれていることも、レイノーの品質や風格を語る上で見逃せない事実です。レイノーを選ぶレストランはパリ、リモージュはもとより、フランスに限らず、日本にもひろがっています。
 世界中のバラエティーに富んだニーズに答える製品創りとともに、これまでも、これからもレイノーはリモージュ焼の伝統を守り続けます。

page top