よくあるご質問

作り方・使い方

ルウを割る場合はどうしたら良いですか。

特に、温度が低い場合や冷蔵庫で保管した場合は、容器が硬くなりますので、容器から出してルウを割って下さい。

カレーやシチューを作るとき、なぜいったん火を止めてからルウを入れるのですか。

いったん火を止めることで、お鍋の中の温度を下げ、ルウを溶けやすくするためです。
高温で煮えている鍋にルウを加えると、ルウに含まれる小麦粉が膜を作り、溶けにくくなります。 火を止めると鍋の中の温度はすぐに90℃くらいまで下がり、ダマになる心配もなくなります。

ルウを入れたのですが、なかなかとろみがつきません。【動画で解説しています】

カレーのとろみは、小麦粉のでんぷんが糊化して、とろみがつきます。(小麦粉は、約90℃で加熱しますとでんぷんが糊化します)「とろみがつかない」原因として以下のことが考えられます。
具材に使用するじゃがいもの種類によって、とろみが左右されることがあります。じゃがいものでんぷんがルウに溶け出すととろみが増しますが、新じゃがは煮崩れしにくく、品種としてはメークイン、ニシユタカなどが煮崩れしにくいものになります。
調理の仕方や具材によって出来上がりの水の分量が多くなり、とろみがつきにくいことがあります。
新タマネギを使用したり、冷凍のシーフード具材など水分が多い具材を使用すると水分量が多く出来上がってしまうことがあります。また、ふたをして煮込むことによって水分の蒸発量が少なかったり、途中で水を補充することにより水分量が多く出来上がってしまい、とろみがつきにくいことがあります。
ルウを入れてからの加熱が弱かったり、加熱時間が短かったりすると、加熱不足によりでんぷんが糊化せず、とろみがつきにくいことがあります。
澱粉を分解する酵素(アミラーゼ)を含む具材(ハチミツなど)を入れた為、でんぷんを分解し、とろみがつかなくなってしまうことがあります。
また、味見のためのおたまやスプーンに口をつけ鍋に戻すと、唾液の中にも澱粉を分解する酵素(アミラーゼ)が含まれており、でんぷんを分解し、とろみがつかなくなってしまうことがあります。

カレーにとろみがつかないのは?

作ったときはとろみがあったが、一晩おくととろみがなくなりました。

具材やルウ中に含まれるアミラーゼという澱粉分解酵素が作用して粘性がゆるくなる場合があります。
アミラーゼは75℃以上で加熱する事で、働きが止まりますが、約70℃程度までなら、活発に働くことから、鍋の温度が低いときにルウを加えた場合、具材やルウ中のアミラーゼが澱粉に作用して粘性が緩くなることがあります。
アミラーゼは、ハチミツや人間の唾液にも含まれています。

カレーにハチミツを加えたいが、いつのタイミングで加えれば良いですか。

ハチミツを加えた後、弱火~中火(プクプクとなっている沸騰直前の状態)で、20分以上加熱する事が必要です。
仕上げにハチミツを加えてすぐ火を止めるのではなく、ルウを入れる前の段階でハチミツを加え、充分に煮込んでいただくことをおすすめします。

カレールウの表面が白っぽくなっていますが、使っても大丈夫ですか。

保管状況により、ルウの表面が変色することがありますが、品質には問題はありません。

冷蔵庫などの低温で長時間保存した場合、油脂が固まり、ルウの表面が白~黄色っぽくなったりすることがあります。
高温状態では、カレーパウダーに含まれるターメリックやパプリカなどの色素が、溶けだしたルウの中に含まれる油脂に混ざり、表面に浮き出して固まり白~黄色っぽく見えることがあります。

シチューミクスは、牛乳がなくても作れますか。

コーヒー用のクリームパウダーでも代用できます。
牛乳の分量を水に代えると、水っぽくなってしまいます。
お手元にコーヒー用のミルクなどがございましたら、大さじ3杯程度お味を見ながら加えていただくと、クリーミーな仕上がりになります。

カレーやシチューのパッケージの材料欄に、"玉ねぎ3個(600g)"とあるが皮付きの重さですか。

皮などを取り除いた、可食部です。

カレーを作り置きするとき、注意することはありますか。

カレーを作り置きする場合は、お鍋のままではなく、底の浅い容器に小分けしあら熱をとり、冷蔵庫または冷凍庫で保存してください。

注1)冷凍庫で保存すると、具の食感が低下します。

注2)シチュー等同様の煮込み料理も上記方法で保存してください。

保存してあるカレーをお召し上がりになる場合は、お鍋に移し、よくかき混ぜながら充分加熱してください。
お鍋のまま常温で長時間保存すると、細菌が増殖し健康に影響を与えることがあります。

カレーを作る際、鍋に蓋をするのですか。

材料の水の分量は、加熱時の蒸発量を計算して加えています。作り方通りにお作り頂く場合は蓋をせず調理してください。
作り方に記載の煮込み時間より長く煮込まれる場合は、蓋をして頂くか、蓋をしない場合は蒸発した分の水を加えて味を調整してください。

230gバーモントカレー全量(12皿分)で水の量が1400ml(7カップ)なのに半量で850ml(4・1/4カップ)となっています。なぜ700mlでないのですか。

水の分量は、煮込む際に蒸発する水分量を計算して、表示しております。12皿分と6皿分を作るときでは、少量お作り頂く場合の方が、 蒸発量は多くなるため、12皿分が1400ml、6皿分で850mlと表示しております。鍋の大きさや、煮込み時間、具材の種類や量によっても、できあがりの多少の違いが生じることがありますので、できあがりのお味を確認して頂き、お好みのお味に調整して下さい。

北海道シチュー、シチューミクス 牛乳のかわりに水でもよいですか。

コクや風味が弱くなるかもしれませんが問題はありません。おいしくお召し上がり頂くには牛乳をお勧めします。

北海道シチュー、シチューミクス 牛乳のかわりに豆乳でもよいですか。

コクや風味が弱くなるかもしれませんが問題はありません。おいしくお召し上がり頂くには牛乳をお勧めします。

なすびのからし漬けはどうやって作るんですか。

【材料】

小なす20個(みょうばん少々、塩適宜)だし汁、醤油各大さじ3杯、からし大さじ5杯味噌大さじ6杯、砂糖大さじ4杯みりん大さじ2杯

【作り方】

  1. なすはへたを取り、みょうばんを混ぜた塩でこするように揉み、強い押しをして2日くらいおく
  2. 1.のなすを水で洗い、水けを絞ってだし汁、醤油の中に1時間漬ける
  3. からしを湯でとき、味噌、砂糖、みりん、1.の漬け汁大さじ2杯を混ぜ、1.のなすを加えて密閉容器に入れ、半日ほど漬ける

※からしの風味がなくなるので早めに食べること

一度お湯で温めたレトルトパウチを、もう一度温め直しても大丈夫ですか。

開封していなければ問題ありません。ただし、肉などの火の通りすぎ、野菜の煮くずれなどは避けられないので、温め直しは2回くらいまでを目安としてください。

レトルト食品は、温めずそのままでも食べられますか。

そのまま食べても大丈夫です。
レトルト食品は、完全調理済みなので、そのままでも食べられますが、温めたほうがおいしく食べられます。
温める事により、動物性油脂が溶け、おいしくお召し上がりいただけます。

レトルトパウチを電子レンジでそのまま温めてもよいか。

そのまま電子レンジにかけると火花が散ることがあり、電子レンジを壊す恐れがありますのでお止め下さい。
電子レンジで温める時には、必ずパウチから中身を出し、深めの容器に移して必ずラップをしてから温めて下さい。
電子レンジから出すときには、しばらくたってから、ラップを取らずに出して下さい。(電子レンジ調理不可の製品もございますのでパッケージ裏面をご確認下さい)

※一部の商品については、電子レンジでそのまま温めることができます。
詳しくはこちら

レトルトカレーを袋からだして鍋で温めて良いですか。

温める時は焦げつかないよう弱火でゆっくりとかきまぜながら温めて下さい。
尚、水分が蒸発して濃くなりがちなので、その時は少量の湯か水を加えて少しのばして下さい。

朝カレーは、湯煎して食べても良いですか。

熱湯の中に入れ、沸騰させて温めて下さい。(目安:2分程度です。)

レトルトパウチが湯煎して溶けることはないですか。

材質はポリエステル−アルミ−ポリプロピレンの層になっており、アルミが溶け出る事はないため体に害はございません。

フルーチェが固まる理由を教えて下さい。【動画で解説しています】

フルーチェに含まれるペクチンと、牛乳中のカルシウムが反応して固まります。
ペクチンはリンゴやみかんなどの果物や野菜の中に含まれている天然の糖質です。
ペクチンには、ものを固める働きがあり、フルーツジャムのようにある一定の酸と糖で固まる場合と、カルシウムと反応して固まる場合があります。

おいしいフルーチェの作り方

フルーチェは豆乳でも固まりますか。【動画で解説しています】

豆乳では固まりません。
豆乳にはカルシウムがわずかしか含まれていないため、必ず牛乳をお使いください。

おいしいフルーチェの作り方

フルーチェを作ったが固まりません。理由を教えて下さい。【動画で解説しています】

フルーチェに入っている「ペクチン」と、牛乳に含まれている「カルシウム」が反応し、フルーチェは固まります。
うまく固まらない場合、次の様な理由が考えられます。

  1. 「加工乳」「乳飲料」「豆乳」「スキムミルク」などを使用した場合
    カルシウムの量などが異なるため、固まらない場合があります。

    下表のうち「○」の表示があるものをご使用下さい。
    商品名("***牛乳"など)ではなく、商品名の近くに表示されている「種類別」の名称をご確認下さい。

    種類別 固まり方
    種類別 牛乳※
    種類別 成分調整牛乳※
    種類別 低脂肪牛乳※
    種類別 無脂肪牛乳※
    種類別 加工乳 ×
    種類別 乳飲料 ×
    豆乳 ×
    スキムミルク(脱脂粉乳) ×

    ○:固まります ×:固まらない場合があります

    ※牛乳の種類によりできあがりの色や味が異なることがありますが、品質に問題ありません。

  2. フルーチェと牛乳の量のバランスがとれていない場合
    フルーチェ1袋に対し牛乳200ccが適量です。
    このバランスが崩れていると、うまく固まらない場合があります。
  3. 温度が高すぎたり、低すぎている場合
    牛乳を混ぜ合わせた時の温度が15℃前後が一番うまく固まります。
    夏季等でフルーチェや牛乳が暑いところに置かれて、品温が高すぎる場合はうまく固まりません。
        →この場合(フルーチェが液体状にサラサラとして、固まりが弱い状態)は、冷蔵庫で30分位冷やすことで、固まりが戻ることがあります。
    また、冷蔵庫で保存したフルーチェを、冷えたまま使うとうまく固まらない場合があります。
    凍らせたりしますとうまく固まりません。
  4. 素早く撹拌しなかった場合
    フルーチェと牛乳を混ぜ合わせる時は、手早く大きな円を描くように撹拌して下さい。
    ゆっくり撹拌すると部分的に凝固してしまい、全体がうまく固まらない場合があります。

おいしいフルーチェの作り方

プリンミクスは牛乳で作れますか。

作れます。
牛乳を使用すると、よりコクのあるプリンができます。
お好みに合わせて、70℃以上のお湯(200ml)で溶かしてから、牛乳(100ml)を加えてください。
全部牛乳で作るのはお奨めできません。風味が強くなり過ぎ、柔らかくなってしまいます。

プリンエルは水だけで作れますか。

水だけでは作れません。
味が悪く、柔らかい仕上がりになりますので必ず牛乳をご使用ください。

プリンエルは赤ちゃん用の粉ミルクでも作れますか。

作れます。赤ちゃんの離乳食にもお奨めです。
水400mlに粉ミルク36g~40gを目安に溶かして、牛乳の代わりに加えてください。

クッキングゼリーに生の果物を入れたいのですが、固まりますか。

たんぱく質分解酵素を含む果物を生で加えると、固まりません。缶詰の果物は、加熱により酵素が働かなくなっていますので、そのままお使いいただけます。

固まらない(酵素を含む)果物類としては、以下のものがあります。
イチジク・キウイフルーツ・パイナップル・パッションフルーツ・プリンスメロン・トウガン・パパイア・みかん類・インゲン豆・梨・グリーンアスパラ・みょうが・しょうが・にんにく・ピーナッツ。

低たんぱくミート(肉様使用)シリーズの調理レシピを教えてください。

こちらをご覧ください。

低たんぱくミート(肉様使用)シリーズはどのように使用すればよいですか。

  1. 食事毎に都度調理される場合

    冷凍状態のまま小分けにし、密封容器に入れて、冷凍保存してください。

    • ご利用になる直前に、必要量を解凍してご使用ください。
    • 残りの冷凍品は、衛生的な密封容器に入れて冷凍保存の上、お早めにご使用ください。
  2. まとめて調理される場合製品を使用し、数食分を作り置きしてください。
    • 作り置きしたものは、1食分に分けて密封容器に入れ、冷凍保存してください。
    • 作り置きした冷凍品は、なるべくお早めにご使用ください。

麦茶冷水用を煮出しても大丈夫ですか。

大丈夫です。ただし冷水用の大麦はよく培煎して細かく粉砕してありますので、煮出し過ぎると苦味が増し、おいしくありません。早めにパックを取り出して下さい。

麦茶のティーバッグは出来たら取り出す方が良いですか。

出来たら取り出す方が良いです。出し過ぎると大麦の味(コク)や香りが失われ、焦味と苦味が増す場合があります。

グラタンは水だけで作れますか。

水っぽく仕上がってしまいます。
牛乳を使って頂くことにより、クリーミーさを出すように調整しております。

page top