ハウス「食と農と環境の体験教室」

ハウス「食と農と環境の体験教室・千葉」開催レポート 2017

第1回  2017年5月28日(日) 晴れ    参加人数: 10家族30名

青空広がる日曜日、10組の家族が青少年センターに集まり、第1回目の体験教室がスタートしました。
昼食はカレーとデザートを自分たちで作りました。昼食作りが始まると緊張もほぐれ、積極的に野菜の皮むきやカットに取り組みました。デザート作りでは大きなボウルにたくさんのフルーチェを一度にいれて、グルグル。自分たちで作ったカレーや4種(イチゴ、メロン、MIXブルーベリー×ブドウ、蜜リンゴ味)のフルーチェ食べ比べに大喜びされていました。
お腹いっぱいになったところで、田畑へ向かいました。まずは畑でキュウリ、ナス、アマトウ、サツマイモの苗を植えました。そしていざ田んぼへ行き、田植えの体験です。体験したことのない泥の感触に驚きながらも、まじめに田植えに取り組みました。ロープに沿って1列で田植えをしましたが、悪戦苦闘。まっすぐ植えるのは少し難しかったようです。田んぼの近くの小川ではザリガニやメダカ、カエルなどたくさんの生き物を見つけて子どもたちは大はしゃぎしていました。
1日の活動を通し、参加したご家族のたくさんの「笑顔」につなげることができました。次回までに野菜やイネがどれだけ成長しているか楽しみですね!

活動1 昼食づくり

ニンジン、タマネギ、ジャガイモを切りました。
5箱分のフルーチェを一度に作りました。

活動2 野菜の苗植え

土中に穴をあけてからサツマイモの苗をさします。
夏までにどれだけ大きくなるか楽しみですね。

活動3 田植え

みんな一列になって田植えをします。
田んぼの前で、集合写真!

活動4 生き物観察

メダカ、ザリガニ、オタマジャクシ、カエルと生き物探しに夢中です。
たくさんのメダカを捕まえられました。

参加者の声

応募理由

特によかった体験

その他の意見や感想

第2回は屋外でナンを焼いたりカレーを作ったりします。次回もお楽しみに!

第2回  2017年7月9日(日) 晴れ    参加人数: 8家族24名

第2回体験教室もお天気に恵まれ、晴天のもとスタートしました。
田畑に向かうと前回植えたイネや野菜はすくすくと成長しており、参加者はイネの青々と揺れる様子や野菜のたくさん実った様子に驚き、感動されているようでした。前回に引き続き、田んぼのまわりに生息するザリガニやカエル、木々に生息するカブトムシに子どもたちは大はしゃぎ。家から持ってきた虫かごにいれて、大喜びで観察していました。
昼食作りでは収穫した野菜(ナス、トマト、アマトウ)を使ったキーマカレーとナン、ラッシーを作りました。ナン作りには子どもも大人もワクワクした様子で、「べとべとする~!」と言いながら打ち粉をつけ、こねたり伸ばしたり、好きな形を作られていました。自分たちで植えて収穫した野菜をたっぷり使ったキーマカレーを焼きたてのナンにつけて、普段は苦手な野菜もぺろりと食べてしまうほどおいしく感じられたようです。12ℓも作った大量のラッシー(プレーン、マンゴーの2種類)もあっという間になくなり、飲み比べを楽しんでおられました。
午後は林の中にテーブルと椅子を置き、「スパイス教室」を実施しました。ホールスパイスとパウダースパイスの違いを見比べたり、パウダースパイスを使って一人一人オリジナルのカレーパウダーを作ったり、「こんな香りするんだね~!」と新たな発見について話しているご家族もいらっしゃいました。
次回はイネの収穫です。青々としたイネがどんな変化を遂げているのか楽しみですね!

活動1 イネ観察

イネが大きくなっていて驚き!
田んぼで集合写真!

活動2 野菜の収穫と生物観察

お昼用の野菜もたくさん採れたね!
今日は何が捕まえられたかな?

活動3 昼食づくり

ナン作りは難しいけど楽しい~!
カレーとナンでお腹いっぱい!

活動4 スパイス教室

マイカレーパウダー作りにワクワク。
オリジナルの配合で「カレーパウダー」を作りました。

参加者の声

特によかった体験

前回の体験教室後の変化

その他の意見や感想

第3回はいよいよイネの収穫です。次回もお楽しみに!

第3回  2017年10月1日(日) 晴れ    参加人数: 9家族29名

秋晴れの青空が広がる中、最終回である3回目の体験教室がスタートしました。
午前中は昼食準備に取り組み、カレー用の野菜切り、飯ごう炊飯、フルーチェムース作りを体験しました。初めて飯ごう炊飯を体験する子も苦戦しながら、薪を使って大きな火を起こすことができました。自分で作った昼食はいつも以上においしく感じたようで、サツマイモカレーもあっという間に売り切れました。
午後は田畑に移動してサツマイモ掘りと稲刈りです。サツマイモ堀りでは土をかき分け1本1本丁寧に掘り起こしていました。また田んぼはすっかり黄金色の景色となり、たわわに実る稲穂に感動している様子でした。田んぼに水が溜まっているというトラブルにも見舞われましたが、どろんこになりながらも楽しく稲刈りを体験いただけたようです。
その後はキャンプ場に戻り、脱穀と籾すりを体験しました。子どもたちはワクワクしながら普段触ることのない機械を使って、イネから稲穂をとり、玄米を作りました。最後に参加ご家族から感想をいただき、修了証をお渡しして、今年の食と農と環境の体験教室は終了しました。
第1回から第3回の体験教室で取り組んだ田植え~玄米を作る工程を通し、食・農・環境が自分自身につながっていることを学んでいただけたかと思います。皆さんお疲れさまでした!

活動1 昼食づくり

ご飯炊けたかな~?
生クリーム・牛乳・フルーチェを混ぜ混ぜ

活動2 サツマイモ掘り

サツマイモが見えた!
大きなお芋が掘れたよ!

活動3 稲刈り

鎌って使うの難しい~
皆で集合写真

活動4 籾すり・脱穀

初めての機械!稲穂をとるよ
籾すり脱穀について学べました

参加者の声

特によかった体験

前回の体験教室後の変化

その他の意見や感想

ご参加くださった皆さん、ありがとうございました!

page top