ハウス「食と農と環境の体験教室」

ハウス「食と農と環境の体験教室・千葉」開催レポート 2016

第1回  2016年5月22日(日) 晴れ    参加人数: 13家族37名

晴天にも恵まれ、13組のご家族が佐倉市青少年センターに集まり、開講式がスタートしました。
最初にアイスブレイクゲームで緊張感をほぐした後、田んぼに生き物観察に向かいました。
始めは田んぼの感触に喜んだり気持ち悪がったりしながらも徐々に慣れ、ザリガニやカエル探しであっという間に時間が経過しました。その後昼食タイムの為、青少年センターに戻りハヤシライスを食べ、子供達は食後のデザート作りに大はしゃぎ。大きいボールでフルーチェを5袋分、一気に作ります。みんなで仲良く混ぜて完成させました。
腹ごしらえが済んだら田植え本番です。NPO法人佐倉みどりネットの方に植え方を教えていただいたあと田んぼに入ります。横一列に並び、目印のロープに沿って植えていきます。皆さん上手にできたようです。続いて畑に移動して野菜の種まきです。ご家族それぞれの畑にコカブ、ラディッシュ、小松菜の種をまきました。次回の収穫を楽しみに名前プレートを刺して畑をあとにしました。
最後に家族毎の感想を発表し、お土産を手に笑顔で帰路につきました。

活動1 田んぼ・いきもの観察

おそるおそる田んぼの感触を確かめます
奥の田んぼまでいきものを探しに行きました

活動2 昼食、フルーチェ作り

出来たて熱々のハヤシライスをいただだきました
初めてフルーチェを作るお子さんもいました!

活動3 田植え

手をつないで慎重に田んぼに入ります
横一列に並んで植えていきます 曲がっていないかな?

活動4 種まき

種のまき方の説明に真剣に耳を傾けます
小さい種の数を慎重に数えながらまいていきます

参加者の声

応募理由

特によかった体験

その他の意見や感想

次回はカレー&ナン作りで、ハウスメンバーももっとみなさんと触れ合いたいと思います!その他のプログラムも充実してまいりますので、皆さんどうぞお楽しみに!

第2回  2016年7月3日(日) 晴れ    参加人数: 13家族37名

30℃を越える気温の中、さわやかな風が吹き抜ける木立の下で第二回目がスタート。
まずは田んぼの観察です。田んぼのイネとバケツイネの成長の違いに驚いたり、実際に葉を触り、表面がザラザラしている理由を教わりました。野菜の収穫ではマイファームの小松菜が虫に食べられてしまったり、ラディッシュの根茎が大きくなっていないなど、植物を育てる大変さを目の当たりにしましたが、たくさんのキュウリ・ナス・インゲン・トマトを収穫することができました。
続いては採れたて野菜を使ったキーマカレー作りです。カレーにキュウリを入れるの?と、同じお鍋を囲むご家族とも話が弾みます。皆で協力して野菜たっぷりのキーマカレーが出来上がりました。カレーのお供はナンとラッシー。かわいい形のナンが焼きあがるのを待って、いただきます!
午後からはスパイス教室でマイカレーパウダー作りにチャレンジ。開封したてのスパイスの香りを確認・調合し、とんがりコーンにしゃかしゃかとまぶしてお味見。少しの量の差でも味が変わることを体験しました。
お昼に食べきれなかった野菜はお土産に。おうちでまるかじりしていただけましたでしょうか!

活動1 田んぼの観察

前回植えたイネの成長を確認しました。
田んぼの真ん中でハイポーズ。

活動2 野菜の収穫

マイファームの野菜たち。ちゃんと育っているかな?
キュウリ発見!

活動3 昼食づくり

収穫したばかりの夏野菜を角切りに。
ラッシーどっちにしようかな?

活動4 スパイス教室

どんな匂いかな?
とんがりコーンにまぶしてしゃかしゃか。

参加者の声

特によかった体験

前回の体験教室後の変化

その他の意見や感想

次回はお米の収穫です。自分達で植えたイネを収穫し、脱穀・もみすりなどを体験し、はんごうで炊くご飯はさぞかし美味しいことでしょう。皆様どうぞお楽しみに!

第3回  2016年10月2日(日) 晴れ    参加人数: 12家族32名

前日は小雨が降りお天気が心配されていましたが、当日はカラッと気持ちの良いお天気の中、第三回目がスタートしました。
他のご家族やスタッフとは3カ月ぶりの再会です。恒例のアイスブレイクゲームで緊張をほぐしたあと、まずは昼食の準備に入ります。今回の昼食はカレーと、先に収穫されていた新米を、飯ごうを使って炊き上げます。初めて飯ごうを使うお子さんもいらっしゃいました。火力を調整するのが大変でしたが、出来上がったご飯を食べた子どもたちからは「おいしい!」と歓声があがっていました。
昼食の後はいよいよ稲刈りです。田んぼではNPO法人佐倉みどりネット様から稲刈りの方法を教わります。お茶碗1杯分のご飯は米粒約3,000粒分と教えていただき、その量に皆さん驚いていました。途中、マムシに遭遇するハプニングもありましたが、無事にすべてのイネを刈り取ることができました。
その後は集合場所に戻り、脱穀と籾すりを体験しました。これでやっと玄米になり、食べられるお米になります。この玄米はお土産にお持ち帰りいただきました。
最後に各ご家族から感想をいただき、修了証をお渡しして、今年の食と農と環境の体験教室は終了しました。

活動1 昼食作り

煙が目にしみるよ~
お父さん、お母さんも大活躍です

活動2 昼食作り

お米の水加減は大丈夫かな
包丁もピーラーも上手に使えてます!

活動3 稲刈り

黄金色のイネを刈り取ります
刈り取る係りと刈ったイネを束ねる係りに分かれて作業を進めます

活動4 集合写真と修了式

刈り取ったイネの前で集合写真
ご家族に修了証をお渡ししました

参加者の声

特によかった体験

<野外炊飯>

<稲刈り>

<脱穀・籾すり>

前回の体験教室後の変化

その他の意見や感想

ご参加くださった皆様、ありがとうございました!

page top