2017年02月13日

ハウス「きわだちカレー」 <コクがきわだつ中辛><スパイスがきわだつ辛口>2月20日から全国で発売

響き合う豊潤な旨みと香り

ハウス食品は、原料の持つ豊かな風味を最大限に引き出し活かした、濃縮ペーストルウ、ハウス「きわだちカレー」<コクがきわだつ中辛><スパイスがきわだつ辛口>2月20日から全国で発売いたします。

「今までのカレーでは体感できないような新しいおいしさをお客さまにお届けしたい」という思いから、90年以上にわたるカレーメーカーとしてハウス食品が、複数の独自技術(特許出願中)を組み合わせた新製法「素材いきいき製法」により、新時代のカレールウを開発しました。濃縮ペーストルウにすることで、口に広がる豊潤な旨みと華やかな香りを、よりストレートに感じることができます。

画像:ハウス「きわだちカレー」 <コクがきわだつ中辛>(左)ハウス「きわだちカレー」<スパイスがきわだつ辛口>(右)
画像:ハウス「きわだちカレー」 <コクがきわだつ中辛>(左)ハウス「きわだちカレー」<スパイスがきわだつ辛口>(右)

製品特徴

・製造時における風味への熱ダメージをおさえて、素材の持つ豊かな旨みや香りを活かす 「素材いきいき製法」でつくった濃縮ペーストルウなので、コクやスパイスがきわだった、豊潤な旨みや華やかな香りが響き合う、新しいおいしさのカレーを実感できます。

・インドのスタータースパイスの技法を参考に、ホールスパイスを油で焙煎して香りを高めてから、粗く挽いて原料化した、香り高い「焙煎スパイスオイル」を使用しています。

・新技術の開発によって、従来の製品では使用しにくかった、チャツネやトマトペーストなどの風味豊かでみずみずしい原料を多く使用しています。

・開封口にレーザー加工(注)を施し、お客さまの使い勝手にこだわった新型スタンディングパウチ入りです。

(注)レーザー加工:袋に赤外線レーザーを照射し、切れ目を入れる加工。一直線に切れ、加工後の袋の強度が優れている。

・ご家庭での調理方法は、既存の固形カレールウと同様です。

画像:製法イメージ
画像:製法イメージ

●ハウス「きわだちカレー」<コクがきわだつ中辛>

ふわっと口にひろがる、チャツネやトマトなどの“豊潤な旨み”と、油で焙煎して粗く挽いたスパイスの“華やかな香り”が響き合うおいしさが特徴です。

●ハウス「きわだちカレー」<スパイスがきわだつ辛口>

ふわっと口にひろがる、油で焙煎して粗く挽いたコリアンダーやブラックペパー、マスタードなどの“華やかな香り”と“キレのある辛さ”が響き合うおいしさが特徴です。

製品概要

製品名内容量荷姿価格発売日発売地区発売チャネル
ハウス「きわだちカレー」<コクがきわだつ中辛>155g(4皿分)5×8オープン価格2月20日全国全チャネル
ハウス「きわだちカレー」<スパイスがきわだつ辛口>134g(4皿分)

プロモーション

3月1日から、ハウス「きわだちカレー」のTVCMが全国で放送予定です。CMタレントには、井ノ原快彦さんを起用。食べた瞬間に体中で実感する“豊潤な旨みと華やかな香り“といった「きわだちカレー」の世界観をお伝えします。

ニュースリリース一覧へ戻る

ページトップへ